【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

ドメスティックな彼女【221話】ネタバレと感想『ミサキとのデートにて』

2月27日発売マガジン13号の「ドメスティックな彼女」の最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します。

 

夏生が瑠依と別れてしばらくした後、合コンにてミサキに出会いました。

ミサキは夏生の家まで着いてきて、住む家がないと半ば強引に居候を始めます。

しかし、ミサキにはまだ何か秘密がありそうです。

今後の二人の関係はどうなっていくのでしょう?

『週刊少年マガジン』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ポイントをもらって「週刊少年マガジン」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

ドメスティックな彼女 前回220話のネタバレとあらすじ

ドメスティックな彼女 前回220話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

ドメスティックな彼女【221話】ネタバレとあらすじ

ミサキが夏生の家で居候を始めてから数日後、夏生はフミヤと会っています。

フミヤは葉月がお金の事ばかり聞いてくるのに対し、嫌気がさしてしまったそうです。

それに対し一緒に行ったフミヤの友人は、葉月のバイト仲間の女の子と付き合う事になっています。

フミヤはそれをとても悔しがっていました。

 

そしてフミヤは机を手で叩きながら。

「俺がお前なら、今頃ミサキさんと…」

とも悔しがっています。

 

その後夏生とフミヤと言いあっていると、マスターが現れます。

マスターは

「あたしも事情作って、ナツオちゃんちに泊まりに行こうかしら」

と始めは冗談を言っているも同情のし過ぎには注意しろという、意味ありげなアドバイスも言ってくれました。

 

その後家に帰ると、ミサキがご飯を作ってくれています。

生姜焼きだった為に瑠依を思い出し、少し悲しそうにする夏生。

それを見て、ミサキが冗談で沢山のティッシュを渡してきて夏生は呆れまていました。

 

そして、片づけの最中にミサキに仕事探しについて聞く夏生。

ミサキは順調であること尾言った後にお金を出し

「今日前にやったバイトのお金入ったんだ」

「しばらくお世話になりそうだからさ」

と言い渡そうとします。

 

夏生は

「受け取れねーよ、こんななけなしの金」

と拒否すると

「じゃあさ、ごはん奢るよ! ちょっといいやつ」

とミサキは提案してきました。

 

夏生は遠慮するも、勝手に予約をしてしまうミサキ。

「了承してねーけど 行かねーよ」

と焦って言う夏生に

「来るまで待っているから」

とミサキは笑って言いました。

 

その後大学の演劇サークルの小道具を作っていると、近くの女性たちが今の時間が18時半と言っていました。

夏生はミサキとの待ち合わせに行かないつもりであるも、19時と言う言葉が頭をよぎります。

 

結局夏生は待ち合わせに行き、ミサキは喜んでいます。

来るまで待っていると言うミサキの言葉で、夏生は心配したようです。

 

食事を食べた後に、夏生を無理やり展望台に連れて行ったミサキ。

「なんだっけ、ひゃくまんドルの夜景?」

と始めははしゃいでいるも、その後に

「キラキラの光の一つになれると思ってたんだよね…」

と寂しそうにミサキは言い、夏生も寂しそうな顔をしました。

 

そしてミサキは夏生が小説を諦めた理由を聞いてきて、夏生は書けなくなった理由を全て説明します。

(俺は何をべらべら)

とミサキに全て話してしまっている事に夏生は驚いています。

しかし同時に、二人とも空っぽの所が似ているとも思っているのでした。

 

食事の帰り道に前を歩いていた家族の落としたゴミを拾い

「今からこれあのゴミ箱に投げて入ったら キスしてみる」

と笑って言うミサキ。

夏生は

「はぁ?」

驚き呆れた顔をします。

 

それを見てミサキは

「じゃあ、入ったら今夜ナツオくんち出てく」

と言ってからごみを投げるも、入りませんでした。

 

「わざとでしょ」

と入らない理由を言う夏生に

「はは、ばれた?」

とミサキも笑って言います。

 

その時ミサキの電話が鳴り

「ごめん ちょっと出てくる」

とミサキが言って外に出て行きました。

しかし、その後ミサキは戻ってきませんでした。

そして夏生は初めて、ミサキの連絡先を知らない事に気付きます。

 

次の日家で起きた夏生は、ミサキが帰ってきていつものコタツで寝ている事に気付きます。

そして『昨日はごめんね』と言う書置きを見て、思い詰めたようにミサキを見ていました。

 

場面は移り、ヒナ姉が仕事をしています。

そこで職場の同僚に、近くでできたと言うたい焼きを貰います。

帰りにそこのたい焼きを沢山買って、夏生の家に行きました。

(ちょっと買いすぎちゃったかな…)

と思いながら夏生の家の前まで行くと謎の男が家の前で待っていました。

 

「ここの部屋の住人?」

と謎の男は聞いてきたため、ヒナ姉が否定すると

「あんた小椋ミサキの関係者?」

と男は更に聞いてきました。

 

ドメスティックな彼女【221話】感想と考察

今回は夏生とミサキの交流が主な回でした。

ミサキは謎の多い人物ですが、所々見せるユーモアと寂しい顔から悪い人ではないと思います。

しかし、何か後ろめたいことがあるのではと言う印象も受けました。

 

前回220話でお金を受け取った男と、今回221話の最後で夏生の家の前に居た男は髪の色から違うので恐らく別人です。

しかし、何かのグループ等の関係者の可能性も考えられます。

特に夏生の家の前に居た男は、何故夏生の家にミサキが住んでいるのが分かったのか?

少し危険な感じがします。

 

次回222話は少しずつミサキの秘密が分かると思います。

恐らく夏生に思いを寄せているヒナ姉は、今回の事でどう考えるのか?

ミサキと夏生の関係はどうなっていくのか?

非常に楽しみです。