鬼滅の刃 第148話ネタバレと感想『水柱の剣舞』

2019年3月4日発売 週刊少年ジャンプ2019年14号に連載中の鬼滅の刃

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

前回は、炭治郎が猗窩座と善戦を繰り広げていました。

上弦の鬼に対して単騎で立ち回れるようになるとは、炭治郎も成長したものですね。

危険なのと、無惨の狙いであるということから隔離されている禰豆子も、無事に人間になってほしいです。

因縁の相手である猗窩座との決着はどのようになるのでしょうか?

鬼滅の刃 前回第147話のネタバレとあらすじ

鬼滅の刃 前回第147話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

鬼滅の刃 第148話のネタバレとあらすじ

水の呼吸 参ノ型 流流舞い。

猗窩座の周囲を舞うように義勇は攻勢に転じました。

「水の柱か これはいい 遭遇したのは五十年振りだ」

 

笑みを浮かべた猗窩座は義勇の動きを見切り、攻撃を行います。

破壊殺・乱式。

幾度も重ねられた打撃が、衝撃波を伴って義勇に襲い掛かります。

義勇は新たな技で猗窩座の攻撃を避けました。

 

水の呼吸 拾壱ノ型 凪。

以前も披露したその技は、精度を落とすことなく猗窩座の技を切り裂き、義勇の周囲は無風のままです。

受け流した技は義勇の背後で建物を切り裂きました。

 

「見たことがない技だ 以前殺した水の柱は使わなかった」

背後から、炭治郎が猗窩座に迫ります。

ヒノカミ神楽 烈日紅鏡。

大きく振りかぶり、炭治郎の周囲を一閃するその技は、しかし猗窩座に躱されました。

 

(!? 消えっ…た!!)

目前から消え去った猗窩座を思わず視線で探す炭治郎ですが、背後に気配を感じて身構えます。

(後ろ!!)

迫りくる手とうからヒノカミ神楽で避けようとする炭治郎よりも早く、義勇が対処します。

 

水の呼吸 参ノ型 水車。

縦に一閃する技は、猗窩座の右腕を肩口から切り離しました。

瞬時に血法で繋がった腕が義勇に襲い掛かりますが、すでに体制を整えています。

正面から猗窩座と義勇が対峙し、その隙を炭治郎が狙いました。

 

ヒノカミ神楽で猗窩座の足首を狙う炭治郎ですが、猗窩座に蹴り上げられてしまいます。

(受けたっ… ちゃんと刀で…っ)

防御したはずの炭治郎は、しかし鼻血を出して戦線離脱してしまいます。

(かすったか…!? わずかに…!! それでこの威力…!!)

 

「流麗!!練り上げられた剣技だ素晴らしい」

「名を名乗れお前の名は何だ!!覚えておきたい!!」

義勇と対峙した猗窩座が心底楽しそうに笑います。

 

「鬼に名乗るような名は持ち合わせていない」

「俺は喋るのが嫌いだから話しかけるな」

凪いだ表情で猗窩座とやり合う義勇ですが、猗窩座に蹴り上げられて数部屋吹き飛びます。

「義勇さん!!」

 

思わず呼びかけた炭治郎のすぐそばに、猗窩座は迫りました。

「そうか アイツは義勇という名前なのか」

対処する炭治郎ですが、やはり技量が及ばないようで数メートル後ずさりしました。

 

「良い動きだ 短期間でよくぞここまで鍛練したな」

「褒めてやる それにしても杏寿郎は良い仕事をしてくれたぞ」

「目を見張る成長だ 俺は純粋に嬉しい 心が躍る」

指を鳴らす猗窩座に、呼吸を整える炭治郎ですが、次の言葉に激高しました。

 

「杏寿郎はあの夜死んで良かった」

炭治郎の脳裏を、杏寿郎の笑みや、その家族の姿が過ぎりました。

 

怒りが極まると表情にすら出なくなるようで、真顔のまま猗窩座を睨み付けます。

「何だと?」

「お前 お前はもう 黙れ」

「煉獄さんのことを喋るな」

 

鬼は穏やかに微笑みました。

「何故だ? 俺は賞賛しているんだぞ お前のことも杏寿郎のことも」

「違うお前は 侮辱しているだけだ 唾を吐きかけているだけだ 誰に対しても」

「勘違いだよ炭治郎 俺は 俺が嫌いなのは弱者のみ」

 

「そう 弱者には虫唾が走る 反吐が出る 淘汰されるのは自然の摂理に他ならない」

猗窩座は、静かに言葉を綴りました。

 

「お前の言ってることは全部間違ってる」

「お前が今そこに居ることがその証明だよ」

「生まれた時には誰もが弱い赤子だ 誰かに助けてもらわなきゃ生きられない」

炭治郎は悲しげに、猗窩座に言いつのります。

 

「お前もそうだよ猗窩座」

「記憶にはないのかもしれないけど 赤ん坊の時お前は 誰かに守られ助けられ今生きているんだ」

「強い者は弱い者を助け守る そして弱い者は強くなり また自分より弱い者を助け守る」

「これが自然の摂理だ」

 

「俺はお前の考え方を許さない これ以上お前の好きにはさせない」

刀を構え直す炭治郎と対峙し、猗窩座の左腕が微かに揺らめきました。

 

鬼滅の刃 第148話の感想と考察

義勇の技術の高さが浮き出た回でしたね……!

炭治郎も成長し、上弦の猗窩座と渡り合えるまでになりましたが、数手及びませんでした。

炭治郎が技を発動するよりも、猗窩座が技を発動するまでが圧倒的に速いのです。

後の先ですべての攻撃を流され、一方的に守勢となってしまいました。

 

一方、義勇は圧倒的な強さを誇っています。

猗窩座と対等に渡り合い、微かに見せた隙でも致命的にはなり得ていません。

数部屋も減りとばされてしまいましたが、今後も炭治郎の助けになってくれるでしょう。

炭治郎との連携や補助も滑らかで、踊っているように美しい剣技でしたね。

 

次回の連載が待ち遠しいですね。