約束のネバーランド 第125話ネタバレと感想『鬼と同盟を結ぶノーマン!エマとは決裂!?』

2019年3月4日発売 週刊少年ジャンプ14号に掲載中の「約束のネバーランド」

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

タイトルは「嘘吐(つ)き同盟」

前回は、ノーマンの腹心であるバーバラとシスロへエマの本心がバレてしまいました。

けれども、ヴィンセントはもうノーマンは会談へ行ってしまったので計画を止めるには遅いと言います。

さて、今回はどうなるでしょうか!?

約束のネバーランド 前回第124話のネタバレとあらすじ

約束のネバーランド 前回第124話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

約束のネバーランド 第125話のネタバレとあらすじ

鬼達がハァハァと荒い息をしながらノーマンとザジを囲んでいます。

警戒したザジは背中の刀に手をやっていますが、ノーマンは刀を納めるようにザジへと言うのでした。

「すまないね、君があまりにも美味しそうだから」

と対応する鬼がいいます。

それに対してノーマンは、皆さんの食事の不自由は十分に察しているので構わないと答えるのでした。

 

「――それで、卿はどちらに?」

とノーマンが言ったところで、シャランという装飾品の鳴る音がします。

その音を聴いた周囲の鬼たちの態度も引き締まりました。

現れたのはノーマンの3倍はあろうかという大きな鬼、手には杖をついています。

彼はギーラン卿と呼ばれる鬼で、ノーマンは以前バーバラたち5人とここへやって来た様でした。

「ホホ。『次は君(ぬし)一人、部下一人で来い』とは言うたが、まさかまことその通りに来るとはな」

と話すギーラン卿の対してノーマンは答えます。

「まずは信頼。目的は同盟を結ぶことです」

 

そしてザジに声をかけると手土産として、先日潰した量産農園の上級職員の死体を差し出します。

皆さんで召し上がってください、というノーマンに礼を述べるギーラン卿なのでした。

そんなやりとりが終わったところで本題へ入ります。

ギーラン卿はノーマンに改めて、自分たちへ何を求め何をくれるのかと聞きました。

「欲しいのは戦力。差し出せるものは勝利。そして復讐の成就です」

と短い言葉でノーマンはまず伝えます。

「700年前、貴家を裏切り陥れ、そのような姿に堕としめた王家と現五摂家全ての首の献上をお約束する」

 

ノーマンは続けて、そうすればあなた方は政権中枢に返り咲ける、私はあなたを王にしたいのですとまでいいます。

その見返りは?とギーラン卿が聞くとノーマンはハッキリと答えます。

「全食用児の解放、その上で食用児の自治をお認め頂きたい」

その言葉を聞いた鬼達はざわつきますが、冷静にノーマンは話を進めていきます。

現食用児は全て解放してもらうけれども農園の設備はそのまま受け渡す、代わりにラートリー家を好きにしてよいと言うのです。

今のラートリー家の技術なら髪の毛一本からでも増殖可能だし、望むならラムダの研究データも全て渡すというノーマン。

ノーマンはJ(ジェイムズ)・ラートリーとしてこの場に来ていました。

ですので、一族を追われた報復かとギーラン卿に言われます。

「手を組みましょう。生き残るためにも互いの復讐のためにも」

ギーラン卿の一族はどうやら、かつて無実の罪で鬼の世界を追放されたようです。

『野良落ち』という刑になったようで、一時は下等種として辛酸を舐めた様子。

 

「よかろう、自治を認める。我らは約束は守る。手を組もう」

と盟約書を手にしながらもギーラン卿はノーマンに聞きます、もし盟約を守れなかったらどうする?と。

するとノーマンは次のように答えるのです。

「その時はどうぞ私もろとも我が仲間達を食らい尽くせばいい」

その言葉にギーラン卿は契約成立の印として自分の指を噛み、流れた血で盟約書に拇印を押すのでした。

 

ギーラン卿との会談が終わって、ザジと二人きりになったノーマン。

うう…とうなるザジに、大丈夫だよとノーマンは声をかけます。

ノーマンは自分たちが無血でこの戦いに勝つために、ギーラン卿たちを駒として利用する計画のようです。

ギーラン卿の方も嘘をついていることをノーマンは見抜いていました。

食用児を生かす気などないことを。

 

一方のギーラン卿は先ほどの盟約書に押されたノーマンの拇印を舐めていました。

わずか血一滴だけなのにこの美味、J・ラートリーがもう何年も前に死んだことと合わせて、ノーマンの正体がGF(グレイスフィールド)から逃げた特上の3名の内の一人ではないかと考えていたのです。

そうギーラン卿が考えるだろうことも予想していたノーマンは言います。

「せいぜい僕を食い殺す夢でも見ておくがいい」

「最後に笑うのは食用児(ぼくたち)だ」

 

というノーマンの台詞で、次号へつづく!となります。

 

約束のネバーランド 第125話の感想と考察

先週、ノーマンのイメージの違いをシスロ、バーバラとエマ、レイで笑い合っていましたが今週のノーマンはまさに冷酷な帝王という感じでしたね。

戦略に勝つという自信があるから、あんな約束(盟約を守れなかったら仲間を食えばいい)をしたのかと思いますが、ちょっとこれはエマが聞いたらどうするかなあという感じです。

 

それから気になったのはギーラン卿の姿ですね。

『野良落ち』という刑になったときは、恐らく食用児を食べることができなくなったからでしょうか、なめくじのように退化した姿だったのですが、現在ではとても大きいですし知能もそれなりにある様子でした。

ノーマンが手土産に上級職員の鬼の肉を持ってきていましたが、仲間の肉を食べてなんとかしのいでいたのか、それとも???

ソンジュやムジカもですが、別に食用児を食べなくとも姿や知能を保てるのでは??と疑問に思いました。

 

それから、ギーラン卿が口にした言葉で、一部が鬼の言葉??のようで読み取れないところがあります。

それはノーマンたち特に知能が高い食用児の事に触れたときで、王すら食えない●●の御膳(●●が読めない文字です)とありました。

気になりますね!

 

さあ、屋敷に戻ったノーマンはどうするのでしょうか?

そしてエマとレイは…?

次号も楽しみですね!!