【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

五等分の花嫁【76話】ネタバレと感想『模試の結末』

3月6日発売マガジン14号の「五等分の花嫁」の最新話のあらすじと感想をネタバレ有りで紹介します。

 

全国で10番に入らないと、五つ子の家庭教師が首になってしまう模試が近づいてきます。

果たしてどうなるのでしょうか?

『週刊少年マガジン』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ポイントをもらって「週刊少年マガジン」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

五等分の花嫁 前回第75話のネタバレとあらすじ

五等分の花嫁 前回第75話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

五等分の花嫁【76話】ネタバレとあらすじ

3年になり五つ子全員と一緒のクラスになった風太郎。

成績が下がってしまったために、五つ子の家庭教師をクラスメイトの武田と交代させられそうになります。

家庭教師を続ける条件は、五つ子の赤点回避と風太郎の全国模試10番以内を取ることでした。

必死に頑張る風太郎に、五つ子たちは各々の解答用紙を使った5羽の鶴を送るのでした。

 

模試当日、時間ぎりぎりまで風太郎は勉強を頑張っています。

「はい、パン、食べて」

と妹に世話を焼かれて、カバンと牛乳を持って風太郎は出発します。

風太郎が出掛けた後に

「お兄ちゃんあれ持って行っちゃったの?」

と風太郎が持って行った牛乳について、妹が言っていました。

(牛乳は賞味期限が切れていたようです)

 

登校の途中

「おはようございます」

と勉強に疲れた様子の五つ子たちに会います。

そこに武田が現れ

「はははは」

「逃げずにここに来たことをひとまず誉めておこう」

「君は後悔することになるだろう」

と腕を組んで偉そうに言っていました。

 

五つ子たちが

「朝からうるさいわね」

「上杉さんは負けません」

と言うと

「君たちには話していない」

と強い口調で言い返す武田。

 

いつもと違う様子の武田に皆は不思議がるも、風太郎は気にせずに去っていき

「まだ時間かある 少しでも悪あがきをしておくんだ」

と五つ子たちに言いました。

そして風太郎は、

「こっちは6人いるからな」

と武田に言い、去っていきました。

 

そして模試が始まります。

風太郎は青い顔をしていて

「まずい…」

とつぶやきながら

(いや俺ならできる)

(やってみせる)

と念じています。

(おそらく牛乳による腹痛です)

 

一時限目の国語が終わった休憩時間に

「フータロー君顔色悪くない?」

と一花に心配されている風太郎。

 

一方武田はクラスメイトに余裕を見せていて、クラスメイトの

「ってことは今回も武田がこの学校のトップで決まりだな」

と言われます。

武田は風太郎を思い出して

「所詮 猿山の大将か」

と言いました。

 

その時、武田は理事長の父親からメールで呼び出さます。

武田は父親に国語で3問間違えたと怒られました。

そして、父親は有力者である五つ子の父親と繋がりを強くするために

「父さんを心配させないでくれ」

と模試の解答を渡したのです。

 

お昼休みになり学食で休憩している五つ子たち。

皆で風太郎が調子が悪いのを心配しているも、風太郎はトイレにこもりきりでした。

そこで腹痛で苦しんでいる風太郎。

トイレから出ると何故か武田が立っていました。

 

「不思議といる気がしてた」

と風太郎は言い

「お前も復習の一つでもしておけ」

と言いながら去っていこうとすると、武田は持っている封筒を見せます。

 

「この模試の答えだ」

「ここにすべて書いてある」

と言う武田に、

(メチャクチャ不正じゃねーか)

と焦る風太郎。

しかし、風太郎の前で武田は封筒を破ってトイレに捨ててしまいました。

 

武田は、まだ封筒を開けていない事を言いながら

「僕はね 宇宙飛行士になりたいんだ」

と急に自分の夢を語ります。

 

「ん? は?」

と理解出来ない風太郎に、長々夢を語る武田。

「実力できみを倒す」

と風太郎に宣言します。

 

風太郎はお腹を抑えて再びトイレに入るも

「受けて立ってやるよ」

とトイレから武田に言いました。

 

その後、模試の結果が五つ子たちの父親の元に届きます。

模試の結果が上がり、別の場所で喜んでいる五つ子たち。

武田は8位、風太郎は3位となりました。

 

風太郎の答案が、4教科満点で最後の数問だけ白紙なのを不思議がる父親。

風太郎が最後に突然、気を失うように寝てしまったことを教えられます。

 

解いていたら全国一番だったかもしれない事を、無表情な顔で考える五つ子の父親でしたが、

「そんな事を考えても仕方がないよ」

と独り言のように言いました。

 

一方武田は一人で空を見ながら

「彼と関わるたびに僕の予定は狂わされる」

と言いながらも、その顔は晴れやかでした。

そして、

「全く困ったものだよ」

「だがその覚悟… 見事だ」

と言いました。

 

(五つ子たちが風太郎に各々のプレゼントを渡しているシーンで終わります)

 

五等分の花嫁【76話】感想と考察

今回はついに模試の本番になります。

家庭教師続行出来るという特に驚きの内容ではありませんでしたが、武田が実は良い奴だとは思わされました。

ただ自分の世界に入ってしまう所は多く、ナルシストには変わりないのですが…。

 

また風太郎は、朝飲んだ牛乳にお腹を壊したことで最後寝てしまったようにも見えたので、それが無ければ満点だったのではとも思いました。

 

今回で風太郎の誕生日や模試については一段落着いたように思うので、次回77話は3年生の一番のイベントの修学旅行でしょうか?

もしそうなら自由行動等の班決めから、風太郎の取り合いでバタバタしそうです。

果たして次はどんなイベントが有るか?

楽しみにしながら待ちたいと思います。