キングダム 第592話ネタバレと感想『松左、最期の願いとは!?』

2019年3月7日発売 週刊ヤングジャンプ14号に掲載中の「キングダム」

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

タイトルは「死に場所」

前回、馬南慈・岳嬰には亜光、 趙峩龍には飛信隊、そして尭雲には玉鳳隊が当たることになりました。

攻め重視の作戦ということで、助けられないと思うところには助けに行かないでと河了貂に言われていた松左でしたが、新人達の窮地を聞いて駆けつけようとしています。

さあどうなるでしょうか!?

キングダム』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
☞ ポイントをもらって「キングダム」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

キングダム 前回第591話のネタバレとあらすじ

キングダム 前回第591話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

キングダム 第592話のネタバレとあらすじ

中央の趙峩龍の部隊に切り込んでいく信たち。

隊長の岳雷も矢を何本か肩や胸に受けますが、周りなど気にせず尽き進め!と叫びます。

「ここさえ抜けば、あとは趙峩龍の本陣だ!!」

 

一方、渕副長はというと自軍の救助をしながら現在の戦況をこう見ていました。

信を先頭に騎馬隊は奥へ攻め入り、崇原の歩兵団もそれについていく形で奥へと入っていっています。

ですが、その分隊が縦に間延びしていて中間の部隊を助け回るにも限界が出てきているのでした。

 

河了貂から言われたようによく判断して助けに走らなければ中間が崩壊してしまい、結果こちらの本陣が危うくなってしまうと考える渕副長。

一度、松左と合流して中間をどう進めていくか相談しようと考えていたそのとき、ちょうど松左の部隊の者が渕副長の近くを通ります。

「松左はどこだ」

と聞く渕副長にその部下は答えます。

「し、松左さんは安丁さんのところを助けに。と、止めたんですけど」

もう助けられないくらいに敵に囲まれていたのに、その隊に干斗ら新人が多く居ることに気づいて行ってしまったと聞いて、松左を心配する渕副長なのでした。

 

その干斗達の部隊は四方八方を敵に囲まれて窮地に陥っていました。

次々と敵にやられ死んでいく仲間達を見てなんとかしたいと思う干斗でしたが、敵に頭を掴まれてしまいます。

変な頭だなお前、と言われながら敵の刃が自分に向けられ最期を覚悟した干斗の眼からは涙が。

 

そのとき、槍の一突きで干斗の窮地を救いに駆け付けた松左の姿が目の前にありました。

松左は手に持った槍で次々と周囲の敵を倒していきます。

「あ、ありがとうございます松左さん!助かりました」

と喜ぶ干斗に厳しい顔で周囲を確認する松左。

「バカ、まだ助かってねェよ。ここは絶望的なくらい敵に包囲されてる」

「皆さっさと立て!走るぞ!」

そう干斗たちに松左は指示するのでした。

 

敵陣も抜け出そうとする干斗たちの動きをよく見ていました。

「右に走るネズミがおるぞォ」

と敵の指揮官らしき男が叫びます。

敵が松左や干斗の逃げる方へ追いかけてくる中、松左がいると気づいた味方の部隊も合流しに走ってきました。

「力技で抜けっ」

とその場を突破するよう指示をする松左でしたが…

不意に背中から槍を受けてしまいます!

 

その場に倒れ込む松左を心配する干斗でしたが、松左は何でもないと言うと立ち上がって再び進もうとするのです。

そんなところへ前方から新たな敵が現われ、ここから脱出するのは無理だと感じる干斗。

自分たちはいいが、自分たちを助けに来た松左が死んでしまうのだけは避けたいと考えます。

 

「松左さん、一度俺らの後ろに下がってくれ!俺らが突破口を開くから!」

「松左さんら先輩達だけでも脱出してくれ!!」

これじゃ自分たち新人が足を引っ張ったバカで終わる、と必死に松左に頼む干斗。

仲間たちも同様に、自分たちの命に代えても松左を守ると口を揃えます。

ですがそんな声に松左は大声を上げて言うのでした。

「そんなんなら初めから飛信隊(うち)に入って来んじゃねェよ、バカヤロォ共が!!」

その声に驚き黙ってしまう新人部隊へ、松左は続けて言います。

 

新人のお前達が足手まといなのは当然、お前達は自分らと信が見てる景色を一緒に見たいから飛信隊に来たのだろうと。

だったら自分なんかのために命を捨てるなどと口がさけても言うんじゃない!とも松左は言うのでした。

「飛信隊がこの朱海平原で奇跡を起こして勝つって信が言っただろうが、それが大将軍の道につながるって言っただろうが」

「それを支えんのが俺やお前達なんだ。ここはまだお前達の死に場所じゃない」

そう松左が話す中、新たな敵が大勢迫ってきました。

 

皆で死地を乗りこえるぞと干斗たちの先頭を切って敵陣を次々と倒していく松左。

その松左の後ろ姿を見て、改めて尊敬の念を抱く干斗なのでした。

そして気づけば徐々に敵の姿が少なくなり、干斗たちは包囲を抜けつつあることに気づきました。

 

ですが、そこで松左の足が止まります。

「松左さん!?」

声をかける干斗ともう少しで助かると喜ぶ周囲の兵たち。

ですが、松左は立ち止まったまま微笑んで言うのでした。

「干斗…悪いが…俺を…」

「できるだけ…前の方に運んでくれねェか。信のいる前の方に…」

その表情を見て察する干斗。

 

弱々しくなった声で松左は言葉を続けます。

「わがままで悪いが、最後はできるだけ信(あいつ)の近くに…信の…」

と言ったところで松左は倒れ、叫びながら駆け寄る干斗の姿で次回へつづく!となります。

 

キングダム 第592話の感想と考察

先週から嫌な予感がしていましたが、今週の表紙とタイトルを見てこれは…!?と思った人も多いのではないでしょうか。

扉絵は微笑む松左と岩を枕にヨダレを垂らして寝ている信、少し離れたところに干斗たちの訓練風景でしたので……

 

河了貂に『助からないと思うところは最初から助けにいかないで』と言われても、優しい松左には干斗たちを見捨てることが出来なかったんでしょうね。

干斗も助けに来た松左だけはなんとか救おうとするのですが、既に致命傷を受けていたようです。

死期を悟った松左が、それでもできるだけ自分を信のいる前方へ運んでくれないかと頼むところに涙しました。

 

離れたところで信も戦っていますが、その想いは届くのでしょうか!?

次号も目が離せませんね!