【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

ドメスティックな彼女【223話】ネタバレと感想『ミサキの秘密』

3月13日発売マガジン15号のドメスティックな彼女の最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します。

ミサキと共同生活を始めた夏生でしたが、ミサキには色々な秘密がありそうです。

一体それは何なのでしょう?

『週刊少年マガジン』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ポイントをもらって「週刊少年マガジン」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

ドメスティックな彼女 前回第222話のネタバレとあらすじ

ドメスティックな彼女 前回第222話のネタバレとあらすじはコチラ!!

ドメスティックな彼女【222話】ネタバレと感想『ミサキとの生活』

ドメスティックな彼女【223話】あらすじとネタバレ

瑠依と別れて気落ちしていた夏生でしたが、合コンでミサキと出会います。

ミサキが家に転がり込んでくるかたちで共同生活を始める二人。

夏生はミサキの過去を聞いて、自分と似ていると感じました。

ある時ミサキが急に倒れた為、医者に連れて行こうとするもミサキは強い拒否を示したのです。

 

夜の喫茶店でマスターと謎の男が会っています。

「悪いな、呼び出したりして」

「そっちは変わりねぇか」

と真面目な顔と口調で言うマスター。

 

しかし、男が

「兄さん 無理しなくていいですよ」

と言うと

「そお? ごめんね~」

と口調が戻りました。

 

その後、マスターは男に夏生の住む地域の様子を聞いていました。

その男はその地域は講談組のシマの所だったのが、最近は半グレが多くなったと情報を言い

「あれなら下のモンに少し探らせましょうか?」

と提案します。

マスターも

「そうね、頼むわ」

とお願いしました。

 

一方夏生はミサキが病院に行くのに、強く拒否したのを不思議がっています。

「いけない理由でもあんの?」

と聞く夏生に。困った顔をするミサキ。

 

その後、夏生が言った

「それとももっと精神的なこと?」

と言う発言に

「顔の火傷の時いい加減な処置されてさ」

と苦しい言い訳をしました。

 

(夏生とミサキの間に重い空気が流れます)

 

その後、休んでいるミサキの前に夏生がおかゆを持ってきます。

「ありがと、てっきり自分のやつ作ってんのかと」

と言ったミサキに

「今日はなるべく安静にしてろよ」

と夏生は行って出かけようとします。

 

ミサキは玄関まで追いかけて行き

「本当に感謝している」

とこれまでのお礼と一緒に、とても嬉しそうな笑顔で言います。

「別にまぁ放置はできねーし」

と夏生は言い、家を出て行きました。

 

マスターがシャワーを浴びています。

(胸から肩に入れ墨があります)

電話がかかってきて、恐らくさっきの男から

「なかなか面倒なことになってるようで」

と言う報告を受けています。

 

夏生は出かけている途中で、スマホを忘れた事に気付きます。

取りに行くか悩んでいるも桃源先生への連絡の必要もあり、家へ引き返しました。

 

マスターが引き続き男から半グレについての話を聞いています。

「そいつらが身の丈に合わんことに手ぇつけ出したらしく」

と男が言い、マスターが

「まさか」

と驚くと、男が

「薬ですよ」

と言います。

 

(夏生が家に帰ってきて、ミサキが鼻から麻薬の様な物をやっているのに気づきます)

 

夏生は

「何してんだよ」

と信じられない顔をしています。

ミサキは焦りながら

「違うのこれ」

「安定剤っていうか、とにかく大丈夫な奴だから」

と言います。

 

夏生は

「何が大丈夫だよ」

と怒り出します。

色々言った上に、昨日のことも薬のせいかと気づかされました。

 

ミサキはそれに対し、

「警察になら、言わない方がいいよ」

「実はごはんに(薬を)少しずつ入れていたんだ」

と必死に言っています。

 

夏生は

「いい加減にしろよ そんな脅し」

と言うも、ミサキの顔を見て

「わかった 通報はしない」

「しないから今すぐ辞めろ」

と言います。

 

ミサキは

「うんすぐやめる」

「すぐやめるから ありがとう」

と言って夏生の足に抱きつきます。

 

その時玄関のインターホンが鳴り扉をどんどんと叩く音がします。

ミサキは夏生に抱きつくも、叩く音はずっと鳴りやみませんでした。

 

ドメスティックな彼女【223話】感想と考察

今回はミサキの謎の一部が分かった回でした。

恐らくミサキは半グレの仲間で麻薬を売ったりしていたのではないでしょか?

ミサキを探していたのは服が普通なので半グレ仲間とは思いますが、もしかしたら講談組の人だったかもしれません。

 

ミサキは本質的には悪い人には見えないとは思いますが、全てが嫌になった時に手を出したと考えればそれほど違和感はないと思います。

 

一方マスターが元やくざ者だった事にも驚きました。

所々鋭い人でしたが、口調から以前よりおかまをやっていると思ったからです。

 

次回224話は家に来た、恐らく半グレと思われる人物との対面になると思います。

穏便に済めばいいですが、暴力等の行為に出る可能性も有り心配です。

ミサキと夏生が無事に幸せになて欲しいと願いながら、次回を楽しみにしたいと思います。