【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

寄宿学校のジュリエット 第96話ネタバレと感想『想い』

3月13日発売 週刊少年マガジン15号に連載中の寄宿学校のジュリエット

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

『週刊少年マガジン』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ポイントをもらって「週刊少年マガジン」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

寄宿学校のジュリエット 前回第95話のネタバレとあらすじ

寄宿学校のジュリエット 前回第95話のネタバレとあらすじはコチラ!!

寄宿学校のジュリエット 第95話ネタバレと感想『チームワーク』

寄宿学校のジュリエット 第96話のネタバレとあらすじ

ダリア・ウォールゲームが続いています。

 

ケットがボールを持ち独走状態です。

どうやってボールを取り返そうか露壬雄と玲音が相談しています。

作戦が決まり指揮は玲音がとるようにと言い露壬雄はケットを追いかけていきました。

 

玲音が指揮を出すことにアビとスコットが驚きます。

玲音このままではうまくいかないと気づきペルシアにあの時のことを謝りました。

ペルシアはその謝罪を受け入れ玲音に手を差し出しました。

「力を合わせましょう玲音!」

 

ゴールに向かいながらケットと藍瑠は会話をしています。

ケットは追っ手が来ないことを気にしています。

バラ園を抜けたところにあったマンホールから突然露壬雄が飛び出しました。

奇襲に成功し露壬雄はボールを奪います。

ボールをとった露壬雄は思いきりボールを投げます。

投げられたボールはバラ園を超えスコット達の元へ届きます。

ボールを取ろうとする2年をレックス、サイベル、胡蝶、手李亞が妨害しようとします。

レックスにはアビと蓮季、胡蝶と手李亞はペルシアが足止めに行きます。

玲音はサイベルを止めるため策を考えます。

「サイベル先輩…”クマパン”!」

それを聞いたサイベルの足は止まります。

 

足止めに成功しボールを持ったスコットはゴールへ猛進します。

ゴールまでもう少しのところでスコットに藍瑠が追いつきます。

藍瑠がボールを取ろうと手を伸ばしたところでスコットはバックパスをしました。

パスを受けたのは露壬雄。

 

ボールを受け取った露壬雄はゴールへ向けボールを投げようとします。

「必殺!流星シュー…」

ボールを投げようとしたところ露壬雄は思いっきりコケてしまいました。

ボールは露壬雄の手を離れ転がって行き3年のゴールに触れました。

 

「試合終了〜2年生チームの勝ち〜!!」

 

観客たちは露壬雄を見て笑っています。

 

今年の体育祭は白黒混合でチームを作り行うことになりました。

露壬雄が前に立ち、体育祭の挨拶をしています。

「今回の体育祭は”楽しむ事”がテーマだ!!盛り上がっていこー!!」

 

露壬雄と藍瑠が話しています。

露壬雄はバラバラだった自分たちをまとめるきっかけをくれたことを感謝していると伝えました。

藍瑠は自分たちも協力し合えていたらもっと良い学園に出来たかもしれないと言いました。

 

「その想いをお前に託しただけだ頑張れよ露壬雄」

 

白と黒が混ざったチームでの体育祭が行われています。

これを見ていた大人たちはこれをよく思っていません。

 

『これが後に…新たな波乱を呼ぶことになる』

 

寄宿学校のジュリエット 第96話の感想と考察

エキシビションの決着がつきました。

玲音のわだかまりが解けたようで良かったです。

露壬雄があそこで玲音に指揮をとるように指示したのもこれを解くためだったのかもしれません。

 

今回はしっかりとチームワークがとれていて良かったです。

役割分担をしっかりとして3年を足止めすることができました。

サイベルのクマパンと言われた時の反応は可愛かったです。

 

スコットが露壬雄を信じてのバックパス。

あれだけ露壬雄を嫌っていたスコットが露壬雄を認め露壬雄が後ろまで来ていると信じてパスを出したところはとても良かったです。

そしてスコットが犬塚ではなく露壬雄と呼ぶ場面はとてもかっこよかったです。

 

最後の最後で決めきれない露壬雄。

かっこよく終われないのはなんというか露壬雄らしかったです。

 

最後のシーンを見る限り物語は学園外へと発展していきそうですね。

次回も楽しみです!!