【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

鬼滅の刃 第150話ネタバレと感想『正確無比な羅針盤の壊し方』

2019年3月18日発売週刊少年ジャンプ2019年16号に連載中の鬼滅の刃

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

前回、はっきりと炭治郎を敵と定めた猗窩座の猛攻に苦しめられました。

確実に隙を責めてくる猗窩座の能力に、何か弱点はないものかと炭治郎は思い悩みます。

刀を折られてしまう直前、戦線復帰した義勇に助けられました。

どうか勝利して、千寿郎からの手紙を読んで欲しいものですね。

鬼滅の刃 前回第149話のネタバレとあらすじ

鬼滅の刃 前回第149話のネタバレとあらすじはコチラ!!

鬼滅の刃 第149話ネタバレと感想『猗窩座の苛立ち、そして義勇の怒り』

鬼滅の刃 第150話のネタバレとあらすじ

頭にきたとは言ったものの、義勇は非常に冷静でした。

(俺は 極力刀を抜きたくはないし 誰かれ構わず娯楽のように手合わせするのも好きではない)

(けれども今 己が圧倒される強者と久々に出会い 短時間で感覚が鋭く練磨されるのが分かった)

(限り限りの命の奪い合いというものが どれ程人の実力を伸ばすのか 理解した)

 

「義勇さん」

呟いた炭治郎の視界には、義勇の横顔が映っていました。

その頬には、黒いあざが浮かんでいます。

 

義勇が猗窩座の首を狙い、それを避けて殴り掛かる猗窩座の攻撃を義勇が懐に潜りながら避けます。

さらに首を狙って切り上げた刀を、猗窩座は後ろに反りながら避けました。

猗窩座は思考します。

(痣が発現 速度が)

 

(上がった!!)

炭治郎は驚愕しました。

額を突き合わせた義勇が、猗窩座の右手の甲を切り裂き、義勇の右のこめかみから血が噴き出します。

(速い!! どちらも だけど 義勇さんの上がった速度にすぐ猗窩座は順応した)

 

(そもそも無惨を倒すことが目的なんだ)

(急げ 早く 早く倒せ 急がないとみんな死ぬみんな…)

考え込むほど、焦るほどに震える両腕を握りしめ、炭治郎は瞳を瞑りました。

(落ち着け!!)

 

(なぜ猗窩座の攻撃は磁石のように正確なのか)

(背後や死角からの攻撃にも必ず反応する理由)

 

(その闘気 練り上げられている 至高の領域に近い)

考える炭治郎の脳裏に過ったのは、かつて猗窩座が煉獄に放った言葉でした。

炭治郎は目を開いて考えます。

(闘気って 何だ?)

 

さらに、かつて伊之助が言った言葉を合わせて考えます。

「ヒリヒリすんだよな 敵が狙ってくる所は」

「特に殺気を込めて見てくる奴は一発でわかる 自分に害があるもんはやべえからな」

(そうだ伊之助も 研ぎ澄ました肌の感覚で 目には見えないものを感知してた)

 

さらに深く、伊之助との会話を思い出していきます。

「俺は思ったね 殺気を出さずに近づけりゃあ気づかれねえ」

「殺気を出さずに鬼を殺すのは 不可能だと思うよ」

「まぁそりゃそうだわな 殺気のこもってないへろへろの一撃じゃ 鬼の硬ぇ頚は斬れねぇよな」

 

(たわいもない会話だったけど 何か核心をついているような気がする)

(殺気とは違うのか?)

(俺の 匂いでの動作予知のようなもの?)

(猗窩座の闘いの羅針盤 狂わせる方法はないか?)

 

ガキン、と非常に大きな音に炭治郎の意識は引き戻されました。

義勇の刀が猗窩座の腕に止められ、宙に浮いた体が無防備な状態になっています。

思わずヒノカミ神楽で斬りかかった炭治郎ですが、首を狙った一撃は猗窩座の左手に掴まれました。

無防備な胴を猗窩座の右腕が狙います。

 

刀に体重を預けて、かろうじて皮一枚の所で猗窩座の攻撃を避けます。

角度をつけ、刀も共に逃げることに成功しました。

炭治郎が体制を崩したのを見て、義勇が再度猗窩座との打ち合いを開始しました。

 

炭治郎は何かに気付きました。

(闘気 磁石 羅針盤 感知 殺気)

(不可能 至高の領域)

(そうか あれだ)

 

鬼滅の刃 第150話の感想と考察

義勇についに黒い痣が発現しました!

炭治郎が言うには、水の呼吸とは相性が悪そうな能力ですが、早々に使いこなす義勇は流石ですね。

訓練期間も無い中で、元の能力のように発揮し、猗窩座とも対等に打ち合っています。

 

また、その痣はどうやら水の波紋のような形状をしていました。

各々の呼吸や見合った体質に応じて浮かぶ形が変わるのでしょうか?

炭治郎の痣も炎のような形をしているので、他の人の痣がどのようなものか気になりますね。

 

また、炭治郎はどうやら猗窩座の能力に気付いたようです。

正確無比な羅針盤のように隙を狙ってくる猗窩座の能力とは、どのようなものなのでしょうか?

戦闘前に猗窩座の足もとに浮かんでいた氷の結晶のような文様は、羅針盤だったのですね。