【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

ハイキュー!! 第342話ネタバレと感想『冷静な月島』

3月18日発売 週刊少年ジャンプ16号に連載中の「ハイキュー!!」

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

タイトルは「理性」

 

前回、春の高校バレー全国大会男子準々決勝、烏野高校と鴎台高校の試合が始まった。

一進一退の攻防を繰り広げる烏野と鴎台。

鴎台のブロックを見た月島がブロッカーは全員青根さんと呟いた…という話で終わりました。

そう称した鴎台のブロックを烏野はどう攻めるのか…?

ハイキュー!! 前回第341話のネタバレとあらすじ

ハイキュー!! 前回第341話のネタバレとあらすじはコチラ!!

ハイキュー!!第341話ネタバレと感想『全員が伊達工の青根さん』

ハイキュー!! 第342話ネタバレとあらすじ

「すげー!またあの10番!170cmそこそこしかないのにしかもまだ2年だろ」

幼少時代、宇内が小さな巨人として活躍している光景を思い出しながらコートを見る月島。

 

観客席で見ている美華は10番凄いと言いつつ、鴎台のブロックがグワッと来たのに恐怖に感じた。

そして何で10番が打ってくるって分かったのか疑問に思っていた。

 

隣にいた大将は分かったのは10番にトスが上がったのを見て即座に反応してるからと答える。

更にグワッと感じたのは3人が同時に跳んでくるからだと答えると美華は頷く。

 

大将が言うには今の鴎台のブロックの配置は「バンチ・シフト」と呼ばれていて。

コートの真ん中に数人集まり、スパイクに備えて構える配置となっているとの事。

真ん中から来る攻撃に備えるシフトだが、今は日向のスピードが勝っている状態だと美華に教える。

 

そして日向はサーブを打つために後衛に下がり、代わりに月島がコートに入る。

「行けツッキー!ブロック対決じゃあ!!」

と観客席にいる黒尾が言うと研磨が月島の真似をし、黒尾は言いそうと笑っていた。

 

日向はサーブを打ち、すかさず白馬がレシーブで拾う。

それを諏訪がトスで上げると別所がジャンプしてスパイクを打つ。

対して月島はブロックして止められなかったがワンチしたため、威力が弱まった。

すかさず影山がトスを旭に上げ、旭が打ったスパイクはブロック2枚でも止められなかった。

 

大将が言うには本来バンチ・シフトは真ん中の攻撃に対応するためにサイドの攻撃は対応しにくい。

でも鴎台は最低でも必ず2枚以上で全方向にバラバラじゃなく束の2枚で対応しているとの事。

 

「バラバラのブロックはレシーブの邪魔になるからね」

と言うと美華はへえ~と感心したかのように言うと。

「…一瞬の事なのにボールも人も横も上も後ろの事まで考えてんのヤバい」

と口にし、ヤセそうだと言う。

 

(ブロックの制度が上がってくるまでの間 どれだけ点を離されずに行けるか)

とコート外にいる昼神は思っていると白馬のスパイクで点を取ったのを見て、ガッツポーズした。

 

そしてスコアが6対5と烏野が優勢となっていて、星海が前衛に移動すると月島と互いに睨む。

旭が強いサーブを放つが野沢が拾い、諏訪が星海にトスを上げると星海はスパイクを打とうと跳ぶ。

 

その様子を見ていた月島は星海が打とうとするタイミングでジャンプして星海のスパイクを防いだ。

防がれたボールは鴎台のコートに叩き落とされた。

 

月島はコートに入った直後に澤村達に5番は凄いスパイカーだと言いつつ。

「必要以上に恐れる事 無いです」

と言い、タイミングを気をつけてくださいと皆に告げていたのだ。

 

(くそ 普段ならもう少し俺になれるまで時間かかるのに)

と星海は悔しく思っていて、影山は星海さんびっくりタイムも終わりですねと挑発した。

それを聞いた星海はカチンときて、変な名前つけるなと反論した。

 

「ハン 「異様なチビ」には驚かねえってか」

と今度は月島を睨みながら言うも月島は顔色一つ変えなかった。

コート外ではブロックポイントが入ったので日向達は興奮していた。

 

「でも気をつけないと一本止められてからが勝負っスから…!」

と観客席で見ていた宇内が明光にそう言ったところで次回へ続くとなる。

 

ハイキュー!! 第342話感想と考察

どちらも譲らない攻防ですね、烏野が勝っているとはいえまだ1点差ですから油断できませんね。

ブロッカー達が烏野の攻撃パターンをある程度把握して攻撃をブロックしてきたら厄介ですね。

 

月島に関してはいつも通り冷静に対処している感じでしたね。

コート外でも試合の状況を分析し、ブロックもほぼタイミングよく止めてましたしね。

星海の攻撃にも冷静でいたのも幼い頃に宇内、現在は日向のプレーを見ていたからですね。

この調子で相手の攻撃の芽を摘んでいってほしいです。

 

以上がハイキュー!!第342話のネタバレ・感想でした。