【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

ドメスティックな彼女【224話】ネタバレと感想『ミサキと麻薬』

3月20日発売マガジン16号のドメスティックな彼女の最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します。

ある時夏生が家に帰ると、ミサキは麻薬をやっていた事が分かります。

二人の関係はどうなっていくのか?

『週刊少年マガジン』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ポイントをもらって「週刊少年マガジン」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

ドメスティックな彼女 前回第223話のネタバレとあらすじ

ドメスティックな彼女 前回第223話のネタバレとあらすじはコチラ!!

ドメスティックな彼女【223話】ネタバレと感想『ミサキの秘密』

ドメスティックな彼女【224話】ネタバレとあらすじ

瑠依と別れて気落ちしていた夏生でしたが、合コンでミサキと出会います。

ミサキは無理やり家に転がり込んできて、共同生活を始める二人。

ある時夏生が家に帰ってくると、ミサキが麻薬を使用している所を見つけてしまいます。

その時、家のドアを叩く音がしたのでした。

 

扉まで行き外をのぞくと、以前家の前に居た男でした。

夏生は扉を開けて、男の応対をします。

ミサキが留守の事を伝えると男は

「ふざけんな、今声してただろーが!」

と夏生につかみかかります。

 

そこにミサキが

「待って その人関係ないから乱暴しないで」

と現れ、男と出て行きます。

「ちゃんと話してくるから」

とミサキは言い、しばらく外で話をした後に帰ってきました。

 

「もうこうなったら全部話せ」

「悪いと思ってんなら、隠しごとはナシだ」

と夏生が言うと、ミサキは麻薬の運び屋である事を白状します。

 

夏生は驚きいつからかと聞くと、一年くらい前からとのでした。

「気付いたら後戻りできない所まで来てた」

とミサキは言い、さっきの男はミサキの麻薬ルートのトラブルを調べに来たとの事でした。

 

夏生はミサキに麻薬グループから抜けるよう促し

「あんたに見つからない所に隠しとくから」

「やったら、即警察か病院連れてく」

とミサキに警告します。

 

翌日夏生の家に来たヒナ姉は、ミサキと出会います。

「今ナツオくん出かけてて」

と言うミサキに、ちょっとショックを受けているヒナ姉。

家に入り、二人でしばらく話をします。

 

「すっかりご迷惑をかけて」

と謝るミサキに、ヒナ姉は

「もしかして何かトラブルに巻き込まれているの?」

とヒナ姉は思い切って聞きました。

 

ヒナ姉は以前家の前にミサキを探して男が来た事をミサキに伝えると

「仕事絡みでちょっと事情を聞きに来たみたいで」

とごまかすミサキ。

 

ヒナ姉は

「ナツオくんだけじゃなく私も」

「困っていることがあるなら力になるから」

とミサキに言いました。

 

ミサキは

「ありがとうございます」

「やっぱりナツオ君のお姉さんですね」

と感謝し

「血は繋がってないけどね?」

とヒナ姉は返しました。

 

一方、夏生は桃源先生の家にいます。

夏生は桃源先生の手伝いをしていると、偶然先生の薬を見つけ薬物依存について相談します。

「まあ程度によるが、自力ではほぼ無理だろうな」

と言う桃源先生の答えに、はっとする夏生。

 

桃源先生は麻薬依存が一人では更生出来ないこと。

更生施設等で心から薬を遠ざける事などを説明します。

そして最後に

「かく言う俺も似たようなモンだ」

「喫煙所を見かけただけで、こうムズッと」

と自分がたばこを吸いたいことを、笑って言っていました。

 

家ではミサキがテレビを見ているも、料理番組の小麦粉を見て麻薬を思い出してしまいます。

首を振り、本を読んでごまかそうとするも我慢できなくなって麻薬を探し始めます。

そこに夏生が帰ってきて

「ここにはないぞ」

と真剣な顔で言いました。

 

夏生は麻薬は捨てた事を言い、

「またやろうとしてたな」

とミサキに言います。

ミサキは泣いて

「ホントにやめるって思って」

と謝っていました。

 

夏生はそれを自分と重ね

「やっぱり出頭して一度ちゃんとした方がいい」

とミサキの肩に両手を置いて言います。

そして、

「こんなもんで死んじゃだめだ」

と真剣な顔でミサキに言いました。

 

その後、警察に行こうと道を歩いている二人。

夏生は

「怖いか?」

とミサキを気遣うと

「一人で警察行くよりはよっぽど」

とミサキは答えます。

 

その時、急に車から怪しげな集団が現れます。

二人は捕まり、車に手足を縛って入れられ頭にはビニール袋までつけられたのでした。

 

ドメスティックな彼女【224話】感想と考察

今回はミサキの麻薬にまつわる回でした

自分も麻薬については良く知らなかった為、夏生のように許してしまうと思います。

しかし夏生は最後にはミサキの為に一緒に警察に行こうとしたのは、本当に優しいんだなと思いました。

同様にヒナ姉も初対面のミサキに優しく声を掛けているのも、同様に優しいなと思いました。

 

最後に入れられた車は麻薬のトラブルなのはほぼ間違いはないでしょう。

頭にビニール袋までつけられてしまっているので、このままだと二人の命まで危険に感じます。

無茶な事をしそうなのは、半グレの集団でしょうか?

多分マスターの助けが来るとは思いますが、実際であったテレビの凶悪な事件を思い出してしまいました。

 

次回225話は、拉致をされたミサキと夏生がどこかに連れて行かれる所からだと思います。

この先二人は無事に助かるのでしょうか?

ミサキは警察に出頭して、麻薬依存を治して行けるのでしょうか?

そしてミサキと夏生の関係は?

次回を楽しみにしたいと思います。