DAYS 第288話ネタバレと感想『3年生の秘密の集まり』

3月20日発売 週刊少年マガジン16号に連載中の「DAYS」

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

タイトルは「車両」

 

前回、風間が急に来なくなったが実は風邪であった。

そして突然君下スポーツ店が閉店すると聞いて、つくし達は客としてやって来る。

大柴は君下の父親に会い、準決勝は聖蹟が1千万パーセント勝つと宣言した…という話で終わりました。

さて、今回は一体どんなお話になるのか楽しみです!

DAYS 前回第287話のネタバレとあらすじ

DAYS 前回第287話のネタバレとあらすじはコチラ!!

DAYS 第287話ネタバレと感想『潰れてしまう君下スポーツ店』

DAYS 第288話ネタバレとあらすじ

今日は水曜日、聖蹟サッカー部はシュート練習をしていた。

そんな中、速瀬は前列にいる灰原にじゅんじゅん行くべと耳元で言う。

その言葉を偶々聞いていたつくしだったが何の事だか分らず、聞き流した。

 

そして練習後、主力も控えも関係なく3年生がクレープ屋じゅんじゅんに集まる。

じゅんじゅんは聖蹟3年生の行きつけの店で、クレープを始めお好み焼き等もある。

そこで働いている店員は3年生がサッカー部だと知らず、吹奏楽部だと思っていた。

なので全国大会出てると言っても、吹奏楽でウィーンに行くと思っていた。

 

3年生は座れる場所に座り、臼井はじゅんじゅんで注文したメロンパンを食べていた。

水樹は味噌ラーメンを食べており、今日は足に違和感があったから別メニューをこなしていたのだ。

 

控えの土屋と藤友は水樹にバラエティに、特にクイズ番組には出るなと釘を刺す。

水樹はこの感じを何かに似ていると感じていたがそれがいつも思い出せなかった。

灰原は水樹が試合中にいつも佐藤を鈴木と呼んでいる事をばらす。

それを聞いた土屋達は自分達の名前を水樹に言うが流石に分かっていた。

 

そして臼井の話題になり、臼井は梁山戦後にスカウトが2つ来た事を話すと藤友達は驚く。

臼井はプロサッカー選手かと言いつつ。

「まあ 長い人生のうちのいい経験にはなるかもしれないな」

と言い放つと藤友達は臼井が眩し過ぎて見れなかった。

 

猪原は大学はスポーツ推薦で進学する事が決まっており、彼女も同じ大学に行くとの事。

灰原も指定校推薦が決まっていた。

土屋達はおおーと声を上げ、臼井は意外に真面目なんだなと言う。

灰原は若干照れながら意外は余計だと言うのだった。

 

水樹達は進路確定していて、国母と速瀬は受験組だがセンター試験はあと10日しか無い事に焦る。

更に試験の時に隣で可愛い子が来たらどうすると言う話をしたため、土屋に絶対浪人だろと言われる。

 

「来年はサッカーをやる場所がなくなるな」

と伊藤が何気なく言う。

聖蹟は決まりではないが卒業したOBは顔を出さないのだ。

でもそのおかげなのか伸び伸びと出来るのだと土屋は言う。

 

そんな中、藤友は卒業してもサッカー部に顔を出せと言われている事を話す。

理由は大学行って卒業してから中澤監督のように高校でサッカーを教えたいとの事。

国母は女子高狙いだと茶化し、灰原はいい先生だけどバツイチだぞと言う。

 

「人はバツの数ではなくマルの数を数えるべきじゃないのか」

と藤友は名言っぽく言うが土屋に何言ってるんだと言われてしまう。

結局皆バラバラかとしんみりした空気が流れた時、モノレールが通るのを水樹が見る。

そして分かったと言って立ち上がった。

 

「電車の車両 みたいなんだ」

と言うがほぼ全員がきょとんとし、水樹が説明するも理解されなかった。

そんな中、臼井だけは上手い例えだと理解していた。

 

臼井は自分達は生まれも育ちも違うからこれから先の生き方は違う。

卒業してバラバラになったら共に歩むことは出来ない。

ここにいる皆は聖蹟サッカー部と言う車両に偶然乗ったのだと水樹は言いたかったと皆に話す。

 

他のメンバーは理解こそすれば、今一つ納得は出来てなかった。

でも臼井は例え一瞬でも偶然でも忘れないと言い、お前達もそうだろと同意を求めると。

「それぐらいこの車両は居心地が良かった それで十分だ」

と言うと皆は納得したような表情をするのだった。

 

そして水樹達と別れた藤友達。

不意に土屋は伊藤にどうして聖蹟を来たのと聞くが伊藤は答えられなかった。

 

「聖蹟を選んだことに少しも後悔はねえの?」

と土屋が聞くが伊藤が逆に質問してきた。

土屋は後悔しておらず、藤友も後悔してなく、伊藤も最高だからと後悔してなかった。

土屋と藤友はそう発言した伊藤を弄りながら帰るところで次回へ続くとなる。

 

DAYS 第288話感想と考察

今回は1、2年生が殆ど出ない控えを含めた3年生達だけのエピソードでしたね。

最初は3年生らしく卒業してからの進路の事で盛り上がっていましたね。

 

そして臼井の言葉には一理あるなと思いました。

確かに同窓会を除けばそれ以外で早々会う事もないですから。

だからこそこの3年間、偶然聖蹟を選んだきた3年生と過ごした日々を忘れないという事ですね。

 

以上がDAYS第288話のネタバレ・感想でした。