【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

五等分の花嫁【78話】ネタバレと感想『修学旅行の班は誰と?』

3月20日発売マガジン16号の「五等分の花嫁」の最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します。

風太郎と5つ子との今後の関係は?

『週刊少年マガジン』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ポイントをもらって「週刊少年マガジン」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

五等分の花嫁 前回第77話のネタバレとあらすじ

五等分の花嫁 前回第77話のネタバレとあらすじはコチラ!!

五等分の花嫁【77話】ネタバレと感想『修学旅行に向けて』

五等分の花嫁【78話】ネタバレとあらすじ

全国模試が終わり、再び家庭教師に返り咲いた風太郎。

1大イベントの修学旅行が近づき、5つ子はそれぞれの決意を固めて行きます。

 

時は遡り、三玖のバイトの様子です。

四葉が

「ここってパン屋だったよね?」

「石屋じゃなくて」

と言うようなパンが出てきます。

 

店長さんもそれに対し

「私も出来る限り教えていくから上達していこう」

と元気づけています。

 

その後にべチャットとしたパンが出来ます。

「手順通り作らせているのに、不思議な力で何故か失敗する」

三玖が言うと四葉は

「前より食べ物に近づいている気がする! この調子だよ」

と元気づけます。

 

最後に焦げ気味のパンが出来ます。

店長さんげっそりしながら

「三玖ちゃんがここまで作れるようになって私も嬉しいよ」

と言い三玖はお礼を言います。

 

そして、四葉が風太郎にパンを上げようと言うと

「まだ美味しいパンじゃない」

「侵略すること火の如し」

「そこで私のとっておきを上げる」

と三玖は、修学旅行に照準を合わせた発言をしました。

 

その後ホームルームで班決めになり、次の日までに決めるとの事になりました。

班決めは5人一組までで当日は班毎の行動となる事に一花、二乃、三玖は気にしています。

そして、三玖は四葉が風太郎と一緒に協力してくれると言った事を思い出します。

 

四葉は三玖の為に、風太郎を探していると一花に出会いました。

一花に呼ばれ話をすると

「私と四葉と、風太郎で一班」

「いいよね?」

と提案されます。

 

そして、一花が離れた後

「どーしよー」

と四葉は悩んでいました。

 

その後、図書室で久しぶりに風太郎と五つ子が6人で揃います。

勉強を始めようとすると、三玖が

「修学旅行の話がしたい」

「フータロー誰と組むか決めた?」

と聞きます。

 

「俺は…」

と風太郎が言いかけた所で、一花が

「四葉が話したいことあるって」

と話に割り込みます。

 

四葉は、一花や三玖との板挟みになり悩んだ末に

「この際みんなで一緒の班になろうよ」

「上杉さんも一緒に」

と言いました。

 

班が5人である事を言うと

「私以外の皆ってこと これなら万事解決だね」

と四葉は言います。

 

風太郎が

「四葉それは出来ねえよ」

と言うと

「何か問題あります?」

と四葉は押し切ろうとします。

 

「大きな問題が…」

と風太郎が言いかけた所で、二乃が会話に割り込んできて

「私とフー君が二人っきりの班を組むの」

と思い切った提案をします。

その発言に他の姉妹が驚きます。

 

二乃は更に

「好きな人と回る あんたに拒否権はないから」

と顔を赤くしながら言いました。

一花と三玖は、身動きできずに困っています。

 

二乃は

「言いたいことがあるなら今言ってみなさい」

と言うと、一花と三玖は黙ります。

しかし、風太郎が反論しようとしている為

「いい? あんたなんかが私とデートできることを感謝しなさい」

と二乃が言うと

 

「俺はもうクラスの男子と班を組んだぞ」

「すまん」

と風太郎はやっと本当のことを言えました。

二乃は驚き固まります。

 

風太郎は、武田たちと班を組んでいました。

その様子を見て、結局五つ子は五人で班を組みます。

結局いつも通りになり、少し気まずそうにしていた五つ子なのでした。

五等分の花嫁【78話】感想と考察

今回は修学旅行の班決めが多くを占めた回でした。

一花、二乃、三玖は風太郎と一緒の班になる為に色々努力していましたが、風太郎が班を決めていた為、結局意味がありませんでした。

 

3人に違う方法でアプローチをされて、風太郎がちょっとうらやましくなる半面、大変そうな印象でした。

ただ、班が違っても一緒に行動することは出来ると思うので、この先も結構大変そうです。

 

次回79話はいよいよ修学旅行が始まると思います。

様々な思いが交差する中、風太郎は五つ子とどの様に接していくのか?

一花、二乃、三玖は積極的な行動がありそうですが、四葉や五月も風太郎と何か起こりそうな気配もあります。

それらを含め目が離せません。