オリエント【39話】ネタバレと感想『女神の力の謎』

3月20日発売マガジン16号の「オリエント」の最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します。

 

犬養の鬼鉄刀の力の前に絶体絶命のピンチに陥った武蔵たち。

この危機を無事に切り抜けられるのでしょうか?

オリエント 前回第38話のネタバレとあらすじ

オリエント 前回第38話のネタバレとあらすじはコチラ!!

オリエント【38話】ネタバレと感想『黒曜の女神の力』

オリエント【39話】ネタバレとあらすじ

武蔵の中の黒曜の女神を狙ってきた、犬飼と戦う武蔵たち。

犬養の圧倒的な力に絶体絶命に陥るも、武蔵の中の黒曜の女神の力によって助けられます。

そして武蔵の体を借りた黒曜の女神は、犬飼と向かい合います。

 

犬養の鬼鉄刀を奪った事によって、ひっくり返っていた地形が元に戻ります。

髪が伸び、雰囲気の違う武蔵に小次郎は

「武蔵お前一体どうしちまったんだよ」

と聞いています。

 

そして女神は犬養に

「そこの外道、私に会いたかったんだろ?」

「こっちは願い下げだったがな」

と言い、小次郎に向かって

「私の力を見ていろ」

と言いました。

 

「黒曜の女神 まさか本物なんです?」

といい攻撃する七緒。

黒曜の女神は、全ての攻撃を跳ね返していました。

 

「黒い鉱石を持つ者は刀気の流れの支配者なんだ」

と力の流れを説明する女神。

それは磁石の様で、扱えないと鬼鉄刀も使えない事を言います。

 

「ってことは武蔵は敵の攻撃を全部跳ね返せるのか? そんなんアリかよ 無敵じゃねえか」

と小次郎が言うと、

「残念ながら無敵でいられる時間はもうわずかだ」

と女神は言いました。

だからか犬飼の剣が犬飼の元へ戻って行きます。

 

この力は短い時間しか使えないそうで、黒曜の女神は眠りにつき力を失ってしまうとのこと。

女神は小次郎を見て

「ともに強敵と戦ってくれるか?」

と聞き小次郎が了承すると

「そうか ありがとうコジロー」

笑って言いました。

 

犬養は女神に

「俺の所に来いよ」

「絶対幸せにしてやるからさ」

と言うも女神は

「くたばれ」

とあっかんベーをしました。

 

そして

「私が眠る前に奴らを追い払ってやろう お前たち武士の力を借りるぞ」

と言います。

そして、刀をくるくる回します。

するとみんなの鬼鉄刀が光始め、光の柱が上がって行きます。

そうして、周りのみんなの鬼鉄刀の力を集めて行くのです。

 

そして犬養に向かって

「一筋の刃の煌きも幾重にも束ねれば星座のように連なって」

「流星群の熱さでお前を薙ぎ払うのだ」

と言って、各々の鬼鉄刀から出た光の柱を左手の人差し指に集めます。

 

周りがその様子に驚く中、女神は

「それじゃあさようなら」

と言って、指で銃を撃つような構えをしたのです。

オリエント【39話】感想と考察

今回は女神の力が見えたのと同時に、色々な謎が分かった回でした。

武蔵が鬼鉄刀を使えなかった謎や、黒曜の女神の力がとてもよく分かりました。

力自体は、殆ど磁石のイメージで良いのではと思わされます。

 

ただ、力には時間制限があるのが残念です。

これほどの力があるのに隠れようとしたのは、時間制限が大きかったのだと思います。

 

とは言え力は武蔵も覚えたら使えるようになるかもしれないので、武蔵の今後の課題は黒曜の力を使えるようにすることだと思います。

更に鬼鉄刀の力を得られれば、武蔵は非常に強くなるのではないでしょうか?

 

次回40話では、犬飼たちを女神が追い払う所から始まると思います。

女神は倒すのではなく追い払うと言っているので、とりあえず今の力では倒すのには足りず緊急的に遠くに弾き飛ばすのではないでしょうか?

それにより犬飼たちをしばらくはダメージ等で動けなくさせ、その間に武蔵たちが修行をする流れなのではないでしょうか?

 

一体どのような攻撃で犬飼たちを撃退するのか?

武蔵はこの後どうなるのか?

武蔵は鬼鉄刀を使えるようになるのか?

まだまだ謎も多くある為、それらがどうなるか楽しみにして来週を待ちたいと思います。