コーヒー&バニラ 第48話ネタバレと感想『キャット&ベイビー』

【2019年3月23日発売】Cheese!5月号に連載中の『コーヒー&バニラ』

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

48話は12巻に収録予定です、以下ネタバレになりますのでご注意ください!

『Cheese!』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ポイントをもらって「Cheese!」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

コーヒー&バニラ 前回第47話のネタバレとあらすじ

コーヒー&バニラ 前回第47話のネタバレとあらすじはコチラ!!

コーヒー&バニラ 4月号第47話ネタバレと感想『禁断の朝帰り!?』

コーヒー&バニラ 5月号第48話/12巻 ネタバレとあらすじ

深見さんとリサの元に仔猫がやって来る。

秘書の雪が拾ってしまい里親を探している最中だった。

子供の頃から猫に弱い雪。

 

雪の家に知人が泊まりに来ることになっていたが、猫アレルギーだからと仔猫をしばらく預かってほしいと頼みにきたのだった。

 

猫が大好きなリサは喜んでいた。

その時、深見さんの膝の上に甘えに来る猫。

その光景を見て羨ましがるリサ。

 

でも深見さんは戸惑っていた。

小さい頃から厳しく育てられてきた深見さんは、猫に触ったことが一度もなかったのだった。

 

猫の世話ができるのか心配になる雪と深見さん。

「任せてください。深見さんはお仕事もあるし、こーゆー時ぐらい頼ってください!」と意気込むリサだった。

 

その時お腹を空かせた猫はニャーと鳴き出した。

猫を抱き寄せご飯を上げる支度をするリサ。

そんなリサを顔を赤くしながら見つめる深見さん。

 

「社長デレデレしすぎです。」

雪に言われ「リサが母親になったらあんな顔するのかな、惚れ直すほど綺麗だ」

聞いてる雪が恥ずかしがっていた。

 

次の日猫と遊んでいるリサ。

その光景を見て「朝から元気だね。我が家にも慣れたのかな。」という深見さん。

「夜も一緒に寝てくれるといんですけど」とリサは言う。

 

「俺にまだ慣れてないからね」

そう言いながら猫じゃらしで深見さんもシロと遊ぼうとする。

「おいで」と優しい笑顔を向けられシロは猫じゃらしに飛びついた。

 

深見さんにじゃれたことを喜ぶ2人は、仕事に行く前のキスをしようとする。

が、その時シロが可愛い声で鳴き出す。

 

そんな鳴き声にメロメロになるリサは、キスをせずシロの元に行ってしまった。

深見さんは1人呟く。

「母性にはかなわないな、、、」

 

夜になり、シロの姿がなく心配で探すリサ。

鳴き声の方に行くと、そこには着替えている深見さんがいた。

お風呂から出るまで深見さんを待っていたシロ。

そんな、健気なシロを「可愛いよね」と抱き寄せる深見さん。

 

ネットで調べて、猫の抱き方を勉強していた深見さんだった。

「いざ抱いてみると、あたたかいし、気持ちいいし癒されるよね。大好きななっちゃった。」

そう言ってシロにキスをしていた。

 

それを見たリサはモヤモヤしてしまう。

でも、その次の日も、また次の日も猫とばかりイチャイチャする深見さんを見て寂しくなってしまうリサ。

 

寝るときも、ベットに来るシロにばかり気を取られる深見さん。

「私よりシロちゃんの方が可愛がられてる、、猫にまで嫉妬するなんて子供すぎ」と1人でモヤモヤしながら寝ようとするリサ。

 

それでも色々考えてしまう。

「でも最近、深見さんにふれてもらえてないな、キスもハグも、、、それ以上も、、、」

いてもたってもいられなくなったリサは、寝てしまった深見さんの耳元で囁く。

 

「わ、わたしも可愛がってにゃん、、、」

そおいってから我に返るリサ。

1人恥ずかしがっていると笑い出す深見さん。

 

起きていた。

「甘えたいの?俺の猫ちゃん。こっちおいで。お望み通り可愛がってあげる。」

 

猫のおかげで母性が芽生えたリサに嬉しくも寂しかった深見さん。

わざとシロばかり構っていたことをリサに打ち明けた。

 

そして「いつか子供が産まれたら何より可愛がるでしょ。でもまだダメだよ。もう少しだけリサの一番は俺でいさせて。」

そうして久しぶりに2人は愛し合った。

 

そんな中、雪がシロを引き取りに来た。

シロがいる間に子供の話までした深見さんに驚く雪。

「まだリサの一番は譲る気ないけど」

 

そう言う深見さんに「大人気ない」と、呆れる雪。

そして雪は言う。

「どうせ、あなたの一番はずっとリサ様なんでしょうね。」

 

そう言われて微笑みながら深見さんも答える。

「子供にもリサにも呆れられる覚悟しとくよ」

 

コーヒー&バニラ 5月号第48話/12巻 感想と考察

今回はなんだか穏やかに物語が進んでいきました。

でも深見さんの溺愛ぶりは変わらなかったな!

 

猫を可愛がるリサにデレデレな深見さんの姿を見て、読んでるこっちがデレデレになっちゃいましたけど(笑)

猫ばかり構うリサに寂しくてわざと深見さんも猫ばかり構ってみる、、、。とか(笑)

 

とにかく深見さんの一番はずっーとリサなんだなーと思い知らされましたね。

 

何より今回はリサが可愛かったな♪

猫に慣れてきた深見さんが猫にキスしたり抱っこしたり一緒に寝たりする姿を見てヤキモチやくとか(笑)

 

猫にヤキモチ焼くとかすごい可愛いかった。

あんな控えめなリサが「わたしも可愛がってにゃん」とか言い出したシーンでは同性ながらドキっとしちゃいました(笑)

 

そこでちゃんとリサを可愛がってあげる深見さんにもドキドキしちゃいました!

 

ほんとに今回いつもほどドキドキしたりするシーンは多くなかったけど、癒され心が温まる回になってました。

リサが深見さん以上に大切にする何かがあっても、深見さんはリサが1番大切なんだ。

 

そんな深見さんの大きくて優しい愛を見せつけられた今回でした(笑)

結婚を控えた2人にどんな試練が起きても、とにかく深見さんはリサを支えて守っていくんだろうなーと。

 

結局何が起きたって深見さんにはリサしかいないんだろうな(笑)

もう深見さんのリサに対する愛が大きすぎて今後の展開とか想像もつかないというか幸せにしかなれないでしょ(笑)って感じのお話でした。

 

今後結婚までどう話が進んでいくのか?

もう少しリサに手を焼く深見さんが見てみたいなー。

なんて個人的には思ってます。

次回はどんなお話になっているのか楽しみです♪