寄宿学校のジュリエット 第98話ネタバレと感想『二人』

3月27日発売 週刊少年マガジン17号に連載中の寄宿学校のジュリエット

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

寄宿学校のジュリエット』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
☞ ポイントをもらって「寄宿学校のジュリエット」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

寄宿学校のジュリエット 前回第97話のネタバレとあらすじ

寄宿学校のジュリエット 前回第97話のネタバレとあらすじはコチラ!!

寄宿学校のジュリエット 第97話ネタバレと感想『旅立ち』

寄宿学校のジュリエット 第98話のネタバレとあらすじ

執務室で露壬雄とペルシアが体育祭についての会議をしています。

そこへ警備員が訪れ鍵をかけたいから出ていってくれと二人に声をかけます。

二人は慌てて出ていきました。

 

ペルシアは今後のことを考えたいし自分の部屋でもう少し話せないか、と露壬雄に聞きます。

ノリで了承した露壬雄は部屋で二人きりになることに気づき興奮します。

(監督生になったことで特権で個室が与えられました)

 

露壬雄が部屋の前でノックをするのを緊張しためらっているとペルシアがドアを開けて出てきました。

部屋着のペルシアに露壬雄は鼻血を出します。

 

部屋に入り、昔は露壬雄が白猫寮に入るだけでも大変だったと話し合います。

ペルシアは考えをまとめようとノートを取り出します。

会議の続きを初めようとペルシアが言うと露壬雄は部屋の隅にちょこんと座りました。

それを見たペルシアは露壬雄にとなりに来るように言います。

その誘いを受け露壬雄は様々な考えを巡らせます。

『もしかしてオレを…オレを誘っているのか!?』

 

そんな露壬雄を余所にペルシアはリップを塗り始めます。

それを見て露壬雄は古羊との会話を思い出し、ペルシアがキスを待っているのではないかと考えはじめます。

『オレ達ももう付き合って一年…幾多の障害を乗り越えながら下の名前で呼び合うまでになったホッペにチューもした…そろそろ次のステップに進んだっていいんじゃないか?』

変な動きをしながらそう考えます。

そして露壬雄はペルシアの横に座ります。

 

会議中、露壬雄はペルシアが気になり集中できません。

露壬雄が集中してないことに気づいたペルシアは顔を近づけ聞いているかと尋ねます。

さらに露壬雄は緊張します。

 

このままではいけないと露壬雄はクールにペルシアの名前を呼びます。

それを見てペルシアは顔を赤らめ、逸らします。

 

露壬雄はペルシアの肩を掴み、体を自分の方へ向けさせました。

「目…逸らすなよ」

露壬雄はだんだんとペルシアへ顔を近づけます。

 

「露壬雄…鼻毛…一本長いのが出てるわ…」

ペルシアは笑いを堪えられなりました。

真剣な顔をするほどそれが面白かったと言います。

 

露壬雄は恥ずかしさで死にたくなり帰ることにしました。

また続きは明日にしようと約束をして帰っていきます。

「OK!また明日議論しよう!!」

 

ペルシアは扉を閉め扉へもたれかかります。

「そっちの続きじゃないわよ…」

顔を赤らめ、唇をおさえます。

「バカ露壬雄…」

 

寄宿学校のジュリエット 第98話の感想と考察

今回はロミジュリ回でした。

とにかくペルシアが可愛かったです。

 

露壬雄が勝手にいろいろな考えを巡らせて一人で葛藤しているのが面白かったです。

部屋に誘われた時も部屋に入る時も入ってからも下心丸出しでした。

無駄に変な動きをしたりするところも面白かったです。

 

二人も話していましたが、こうして露壬雄が特に何事もなく白猫の寮に入ることができるようになったのも二人が戦ってきた功績なんだなと思いました。

 

途中でシャル姫が入ってきて露壬雄と一悶着あるかなと思って見てましたが、オチはまさかの鼻毛でした。

真面目な顔をした露壬雄の顔からちょこんと鼻毛が出ているシーンはとても面白かったです。

あれだけ頑張ってクールな感じでいい雰囲気を作っていた分かわいそうではありましたけど。

 

そう言えば途中で露壬雄がした変なポーズに見覚えがあるような…

 

二人の甘いお話がみれたのでとても良かったです。

次回も楽しみです!!