虹、甘えてよ。 第23話ネタバレと感想『鼓動の種類…』

【2019年5月24日発売】Cheese!7月号に連載中の「虹、甘えてよ。」

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

「虹、甘えてよ。」の23話は6巻に収録予定です。

以下ネタバレになりますのでご注意ください!

『Cheese!』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ポイントをもらって「Cheese!」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

虹、甘えてよ。 前回第22話のネタバレとあらすじ

虹、甘えてよ。 前回第22話のネタバレとあらすじはコチラ!!

虹、甘えてよ。 第22話ネタバレと感想『この胸の嵐…』

虹、甘えてよ。 7月号第23話 ネタバレとあらすじ

岳と虹、そして日和と桐生先生。

それぞれの夜が訪れていた。

日和は桐生先生の部屋へ行ってしまう。

 

部屋に入ると桐生先生は鍵を閉める。

鍵を閉めた音にドキンとする日和。

入り口で立ち止まっている日和に「ずっとそこに立っている気ですか?」

 

そう言うなりカーテンを閉め、ネクタイを緩める先生の姿にドキドキする日和。

 

「シャワーを浴びてきます。」

その言葉に驚く日和だった。

 

そんな時、岳と虹はまだ階段にいた。

岳に背を向けている虹。

そんな虹に「怖い?怖かったら言って」と聞く岳。

 

心臓の音がうるさいぐらいにドキドキとしてしまっている虹。

そんな騒がしい心臓の音に怖いのか岳にドキドキしているのか分からなくなっている虹。

 

そんな虹の後ろ姿を見て岳は思っていた。

「虹はきっと気付いてない。さっき俺に自分から背中をむけてくれたこと。後ろを歩かれるのをあんなに嫌がってたのに。」

 

と、そんな些細なことで嬉しくなっていた。

その時虹が言う。

「大丈夫。頑張れるから」

その言葉に「うん。じゃあこっち向いて。」

虹は慌ててしまう。

 

「え?今?」

焦る虹に笑いながら岳は言う。

「うん。頑張ってみようか♪」

 

「やだームリムリ恥ずかしい。」

顔を真っ赤にする虹。

「怖い。じゃなくて恥ずかしいんだ。」

 

岳のその言葉にまた顔を赤くする。

岳がそばにいて、心臓の音が聞こえそうで恥ずかしくてたまらない虹。

その上岳は優しく虹の名前を呼ぶ。

 

恥ずかしさを堪えて頑張って振り向く虹。

そんな虹が目にしたのは優しく微笑んでくれる岳だった。

そして岳は言う。

 

「ゆっくり、優しくするから」

そう言って虹のことをそっと抱き寄せた。

その時0時のアラームが鳴る。

 

「虹、誕生日おめでとう。」

その頃、日和は桐生先生がシャワーを浴びてる間にドキドキしながらベットに入っていた。

 

寝ようとしている日和を見て「眠るんですか?」と聞く先生。

そんな先生に「なんで何も聞かないんですか?」

日和の問いに先生は答える。

 

「聞いて欲しいなら聞きますが、聞かなくても分かりますから。」

冷静に話をする先生に怒りをぶつける。

「俺の何が分かるっていうんですか!誰も何も悪くない。どうしようもないってわかってるのに」

 

岳と虹が隠れて付き合ってること、そうさせてしまった自分に罪悪感を感じていることを先生にぶつける。

そして「疲れた。」

 

そんな日和に自分を好きになるように言うが日和は拒否する。

拒否をしてくる日和に先生は聞く。

「どうして君は僕の部屋に来たんですか?」

 

「先生といると岳のこと考えなくてすむから」

日和の目には涙が溢れる。

そんな涙を優しく拭う先生。

 

そして「それが君の望みですか?バカな生徒だな、、、」

そのまま日和にキスをした。

 

その頃、虹を抱きしめていた岳は必死で我慢していた。

本当は虹にもっと触れたくて仕方がない。

そんな衝動を必死で堪えていた。

 

岳が必死で我慢している頃、先生は日和の服を脱がせていた。

日和の身体にキスマークを付けた先生は冷たく言う。

「跡を見るたびに思い出せ。君を初めて抱いた男が誰か。」

 

そして冷たく微笑んで言う。

「ぼくの側に来た君が悪いんだ。」

 

その頃「虹のそばにいられるだけで嬉しい。」と虹を抱き寄せ、必死に自分の飢えた狼の部分を隠していた岳だった。

 

虹、甘えてよ。 7月号第23話 感想と考察

今回は日和と桐生先生のやりとりも多かったから、切なさもいつもより倍増しちゃいました、、、

 

自分のせいで虹と岳が隠れて付き合っている、、、。

そうさせたのは自分だと罪悪感で苦しくなる日和がもう見てられない!

 

正直なところ、先生が本気で日和を想っているなら先生を選んでしまえ!とも想ってしまうくらい、、、可哀想で可哀想でたまらなかった。

 

ただ先生はなんだか不気味で、、、謎が多いからな、、、

同性愛って本当に苦しいんだろうなって考えさせられる今回でした。

次回日和はこのまま先生に体を許してしまうのか?

 

個人的には、それはあかーん!と叫びたいですが、、、

どうなるのかドキドキです。

 

そして虹と岳、、、

過去を乗り越えようとする虹には毎回キュンキュンします(笑)

そんな虹を優しく抱きしめる岳に心が温かくなりました♪

 

でもでも!

なーんか先行きが不安、、、

文字だけじゃ伝わらないかもしれないけど、狼の部分を隠して虹を抱き寄せた時の岳の表情が気になるんですよ!

 

何かが起きそうな予感がするけど、どうなるのか?

岳は虹のペースに合わせて付き合うことが出来るのか?

理性をいつまで保つことが出来るのか?

 

いつも優しい岳にも男の部分があることを知ったら虹はどうなってしまうのか?

すごーく気になります!

 

個人的には桐生先生は本気で日和の事を好きになっていって欲しいと思ってます。

そんな先生に惹かれていく日和も見てみたい。

 

日和と先生、岳と虹で互いに幸せになって三人の友情を取り戻してほしい!

けどそう上手く話はまとまらなそうですが(笑)

とにかく毎回何かしらを考えさせられる少し難しい作品ですが、後を引くストーリーになっていて大好きです。

 

当分ハラハラドキドキな展開が続きそうで楽しみです!