【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

僕のヒーローアカデミア 第212話ネタバレと感想『お茶子と心操の想い』

2019年1月7日発売週刊少年ジャンプ2019年6・7号に連載中の僕のヒーローアカデミア最新212話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

前回OFAの力が暴走してしまったデク。

使いこなせなかったと悔しそうな彼を、早く救ってほしいものです。

僕のヒーローアカデミア 第212話のネタバレとあらすじ

前回、真っ先にデクへと駆け寄ったお茶子は思います。

 

(両親は いつも疲れた顔をしていて それが辛かった)

(初めてヒーロー活動を目にした時 活動よりも周りの人々の表情に目が行った)

活動しているヒーローの周囲では、皆が満面の笑みで喜んでいた。

お茶子の両親も。

 

両親の喜ぶ姿を見た小さな頃のお茶子も、笑みを浮かべます。

(人の喜ぶ顔が好きだった)

(だから、困ってる人を助ける事は当たり前だった)

(その当たり前がいかに大変なことなのか)

 

お茶子は、OFAを必死に使い活動するデクの様子を思い浮かべます。

「せめて…!1Pでも…!」

「目の前の……小さな女の子一人救えないで――皆を助けるヒーローになれるかよ!!!」

彼はどの瞬間もボロボロで、必死でした。

 

(余裕がなくて必死に助ける彼を 見てきたから思う)

(ヒーローが辛い時 誰がヒーローを守ってあげられるだろう)

 

OFAの暴走に巻き込まれたデクに、無重力の”個性”を使ったお茶子が駆け寄ります。

周囲に叩きつけられる彼に抱きつき、抑え込みます。

 

「デクくん 落ち着け!」

「止めっ…られ ない!」

(デクくんの意志じゃない!!)

 

暴走を抑え込むお茶子の視界に、立ち尽くす心操の姿が映ります。

 

「心操くん!!洗脳を!!」

「デクくん止めてあげて!!」

 

心操は必死に思います。

(緑谷に洗脳を!何か!!何を問う)

 

(体育祭でお前に負けた)

(ワクワクしてた)

(あの時とは違う俺を 見せてやれるって)

(また戦えるって 楽しみにしてたんだぜ!!)

 

思い返すのは、ひとつの決意。

(立派なヒーローになって 俺の”個性”を 人の為に使いたい)

「緑谷ァ!!」

 

音声変換マスクを外した心操が、地声で緑谷に問います。

「俺と 戦おうぜ」

 

苦しげに呻くデクが、必死に声を絞り出します。

「応!!」

 

その瞬間、洗脳の“個性”にかかったデクの動きが止まります。

暴走していたOFAも共に止まり、デクの右腕へと収束しました。

 

洗脳されたデクの意識は、見覚えのある場所に移動しました。

かつて、夢で見た場所。

顔の上半分と右手の先以外のすべてを黒いもやに覆われたデクは、周囲を見回します。

(―――また…)

 

「おめェェなァアア!!!!」

「!」

聞き覚えの無い怒声に、デクは思わず振り向きます。

 

振り向いた先では、もやから出現したスキンヘッドの大男がこちらを指さして叫んでいました。

「違うんだよ違う!」

「言ったさ!?確かに「一人じゃない」ってさ!?」

「時満ちたさ!?発現したさ!?でもさ!?」

 

「その力はもう!」

「雑念マシマシで使っていいモノじゃアなくなってる」

胸元に指を突き付けられ、驚愕の表情でデクは相手を見返します。

(歴代継承者の一人…!)

 

デクの様子に構わず、大男は顔を近づけて叫びます。

 

「頑張りなさいよ!!」

 

僕のヒーローアカデミア 第212話の感想と考察

暴走が収まって本当に良かったです……!

真っ先に飛び出したお茶子の、デクを心配する気持ちは痛いほど良く分かります。

心操の、心からの一言にも胸打たれますね。

こんな決着ではなく、いつか万全の状態でデクと心操には再戦してもらいたいものです。

 

さて、突然の歴代継承者の登場です。

スキンヘッドにゴーグル、裸に革ジャンを着て、弾薬帯を巻いた姿。

かなりファンキーな出で立ちですね。

彼がデクに何を教えてくれるのか、次回の話に期待ですね。