【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

素敵な彼氏 2月号第36話ネタバレと感想「不純な動機!?」

1月12日発売 別冊マーガレット2号に連載中の素敵な彼氏

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

受験勉強にまい進する二人の次なる課題は?

そして二人の夏休み中の恋の出来事も楽しみですね。

『別冊マーガレット』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ポイントをもらって「別冊マーガレット」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

素敵な彼氏 前回第35話のネタバレとあらすじ

素敵な彼氏 前回第35話のネタバレとあらすじはコチラ!!

素敵な彼氏 36話ネタバレとあらすじ

先生とののかが受験について話す。

部活をやっているか、趣味はなにかと先生が聞くがなにもないとののかは答える。

 

「ののかさんの第1志望のS大は、国語が選択方式で国語A・Bの他に小論文も選べるんです。

小論文のテーマが毎年『私の高校生活』なんです。」

そんなののかに、先生は小論文のためにボランティアをやろうと切り出した。

「この『子供のキャンプのつきそい』っていうのが丁度いいかと」

先生の提案に楽しそうだと、ののかは同意する。

 

桐山くんも何もしていないのでは?と思ったののかは、ボランティアに誘いたいと思い声をかけることにした。

パンプレットを見ながら楽しみにするののか。

 

直也に小論文とボランティアの話を教え、さっそく直也がボランティアに申し込んだ。

さっそく電話をする直也を見ていたが、ののかはまだ申し込みの電話をしていなかった。

「私まだ電話してない、桐山くんてできる人だよね」

ののかが直也の行動力にびっくりする。

「ていうか…俺は大丈夫だけどこれ泊まりじゃないの?

付き合ってる男と一緒に泊まりってののかの家大丈夫?」

この一言に、ののかは深く考えてなかったと焦りはじめる。

 

二人でボランティアの説明を聞きに行く。

小さい子供も来ることに責任重大だと、ののかは真剣になる。

更に、親に話していないことも気がかりだった。

「俺が行って説明しようか?」

ののかは、直也が親に説明にくると説明している直也にドキドキして逆に信用されないと思うと話す。

そこで、信用のあるあの人に説明をお願いすることに。

 

「大丈夫ですよ、キャンプのボランティアはそんなうわついたものじゃないですから!!安心して下さい!!」

先生が両親に力説してくれたおかげでボランティアに行けることに。

 

「先生ありがとうございました」

「いえいえ気にしないで下さい。合格のためです。ののかさんキャンプしたことありますか?」

と聞かれたがないと答えるののか。

そのため、直也と三人でボランティアの前に練習しに行くことに。

ののかは、直也が先生と直也が仲良くなっていることに

先生の家で何を話したのか少し気になる様子だが、夏休み一緒になにかできるということに喜んでもいた。

 

 

三人でキャンプの練習へ。

テントを張ったり火をおこしたりカレーを作ったりする。

苦手なののかも、一生懸命に覚えようと必死だった。

 

一段落して休憩しているときに直也に話しかける。

「桐山くん先生とこの前何話したの?平気になったのどうして?」

ののかの問いに先生のことがわかったと答える直也。

「でも油断してはいないけど、しっかりつかまえるって言ったの冗談だと思ってる?」

直也がののかに詰め寄ると先生が戻ってきた。

 

キャンプの練習も無事終わり、先生と別れる。

ののかは直也の家で休憩してから帰ることにする。

「私…今日…いつか桐山くんと一緒に暮らしたい…とか思った」

ののかがキャンプでの楽しい出来事を思い出して直也に話すが返事がない。

見ると直也はすでに寝ていた。

そのまま、直也の隣でののかも眠ってしまう。

 

直也が目を覚ますとののかが隣に寝ていてびっくりする。

寝顔がかわいいと、見ているとののかが少し目を覚ます。

「起きた?」

「もうすこし…一緒に…寝ようよ~」

ののかが直也の首に手をまわし抱きつく。

直也がののかの顔に近づこうとすると

「ただいまー!!」

「ごめん、寝ちゃってた~!!半目とかじゃなかった!?」

家族が帰ってきた声にびっくりしてののかが飛び起きた。

「いや、可愛かったよとても」

直也が少し焦ったように答えた。

 

素敵な彼氏 第36話の感想と考察

直也の心配事も減り、ますます受験と恋愛を両立することができている感じですね。

いつも受験の悩み、恋の悩みとふたつのことが描かれていてそれが繋がる。

うまいなぁと思って読んでいます。笑

だんだんと、直也がののかへの愛情を言葉だけではなくからだでも示しはじめているなとドキドキしました。

ののかも天然なところが直也にとっては不意打ちでかわいいんですよね。

一緒に暮らしたいなと直也に話した時は、直也は寝ていたけど聞いてたらとっても喜んだでしょうね。

次号も楽しみです。