はじめの一歩【1249話】ネタバレ・感想『クミさんとのファーストキス?』

1月16日発売マガジン7号の「はじめの一歩」最新話のあらすじ感想をネタバレ有りで紹介します!

坊主になった一歩がクミさんは昔好きだった「ハゲチュー」というキャラクターにそっくりだった為、一歩の頭にキスをしてしまいます。

その後どうなるのでしょうか?

はじめの一歩【1248話】のネタバレとあらすじ

はじめの一歩【1248話】のネタバレとあらすじはコチラ!!

はじめの一歩【1249話】ネタバレとあらすじ

一歩は泰平に暴力をふるった事の反省で坊主にします。

一方泰平と金田も自分たちが行ったことに反省し、一歩の弟子になるべく鴨川ジムに入門します。

 

その後、一歩は海でクミさんと会いました。

一歩の坊主姿がクミさんの昔好きだった「ハゲチュウ」というキャラクターにそっくりでした。

クミさんは昔を思い出し、一歩の頭にキスをしてしまいます。

 

クミさんは昔を思い出しています。

「ハゲチュー、ハゲチュウ」

と呼びながら探しており、兄に

「私のハゲチュウ知らない?」

と聞くと捨てたと言われます。

 

クミさんは泣いて場所を教えて貰い、そこに走っていきます。

ハゲチューの所へ行き

「もう離さない」

とキスをした所で現実に戻ります。

 

はずみで一歩の頭にキスをしたのを戸惑うクミさん。

それを見ていた泰平達をクミさんは睨みました。

一歩は何故か気づかず、何かあったのか皆に聞いています。

皆がはぐらかす中、一歩は釣りでタイを釣っていました。

 

帰り道、泰平達は一歩にクミさんが一歩の頭にキスをした事への感想を聞くと

「愛でられている人形のような、無の境地になっていたんだ」

との事でした。(一歩はキスをされた事に全く気付いていません)

クミさんは泰平達に威圧的に口止めをし、その後皆で一歩の家に行きご飯を食べました。

 

次の朝、鷹村がジムに来ると一歩たちがジムの前の掃き掃除をしています。

鷹村は、それを寺のようだと怒り出します。

更に、一歩達の名前(泰平のた、幕乃内をのま、金田の金)を組み合わせると「タマキン」になるとまた怒り出します。

 

逃げ出しながらロードワークに行く一歩達。

屋上で青木達が見ており、笑いながらも一歩達の今後のことを心配しておりました。

 

ロードワークで走りながら話をする一歩達。

鷹村は減量中は気が立っている為、近づかない様に泰平達に伝えます。

 

その後ロードワークの途中で、一歩が昔ジャブを覚えた木で休憩します。

泰平にも同じ課題を出したのですが、泰平はその時ずるをした事を伝えます。

一歩は今後しないように注意します。

 

「人を殴って褒められる世界に入ったんだ、楽しもうぜ」

「そうだな、これからは好きなことだけやるんだ」

と意気込む、泰平達。

 

一歩は

「好きなことしかしないというのは、楽しいことばかりというのとイコールではないよ」

しみじみと言います。

泰平達は意味が分かっていないようでしたが、感心しておりました。

 

その時木の後ろから

「同感だね」

と言う声と共に宮田が現れます。

宮田が何故現れたか分かりませんが、意味深な表情をしています。

 

はじめの一歩【1249話】感想と考察

今回1249話は前回1248話でクミさんが、一歩の頭にキスをした後からの始まりです。

一歩はキスされた事に気づいているかと思ったら、気づいていいない事が驚きました。

またクミさんの昔を思い出してはずみでキスをしたという動揺ぶりや、泰平達への睨みでの口止めも面白かったです。

 

次の日の鷹村との絡みもほのぼのしつつも、鷹村が減量していることによる鷹村の次回の戦いも楽しみです。

ただ一歩達の名前への怒りは、幕乃内と金田は苗字、泰平は名前と無理やりだなと思いました。

 

その後のロードワークにて一歩の言った言葉にも感心しつつも、一番驚いたのは宮田の登場です。

一歩と戦う為に無理に減量してフェザー級に留まっている為、一歩が引退していて一番辛い人物かもしれません。

 

宮田は一歩に復帰を促すのか、それとも宮田が階級を上げることを言いに来たのか、それとも全く違うことを言うのか非常に気になります。

どの場合にしろこれでギャグパートは終わり、次からは宮田の話からの新しい展開がみられるのではないでしょうか?

 

次回はお休みになりますが、今後の展開に目が離せません。