【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

鬼のようなラブコメ 第22話 ネタバレと感想『六名鬼からの刺客』

2019年1月17日発売 週刊少年チャンピオン7号に掲載中の「鬼のようなラブコメ」

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

タイトルは「六名鬼」。

前回は鬼とはいえ東山のエピソードに笑えましたが、今回の舞台はあの世。

さて、どうなるでしょうか!?

『週刊少年チャンピオン』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ポイントをもらって「週刊少年チャンピオン」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

鬼のようなラブコメ 第22話のネタバレとあらすじ

舞台は学校からあの世に代わりまして…

鬼の王である閻魔大王の母にして鬼子(きこ)の祖母、大閻魔が『六名鬼』を呼び出したことから始まります。

 

六名鬼とは…鬼子の見合い相手として大閻魔が一目置き、あの世の経済を支えている鬼の6大財閥とのこと!

鬼とはいっても見た目は人間界のサラリーマンだったり、ヤクザっぽい風体だったり様々です。

 

何段もある階段の頂上に大きなイスがあり、そこに座っているのが大閻魔。

六名鬼の鬼たちはみなひざまづいて大閻魔に挨拶をします。

 

「『六名鬼』たちよ」

イスに腰かけ、頬杖をつきながら大閻魔は話し始めます。

 

「我が孫娘…鬼の姫(プリンセス)鬼子と結婚させる鬼は優秀な鬼…すなわちお前たち『六名鬼』家の誰かだと考えている。」

「しかし…いかに『六名鬼』といえど、人間ごときに負けるような鬼に大事な孫をやることなどできん」

 

大閻魔の言葉を、ひざまずいたまま黙って聞いている六名鬼の鬼たち。

 

「まさか…このままたった一人の人間に」

「あの世の『六名鬼』が全滅させられてしまうワケではあるまいな…?」

 

般若の面をつけているので、詳しい表情はわかりませんが大閻魔はイラだっている様子。

その迫力に唾を呑み込む鬼もいれば、「大閻魔様おこなの?」などと呑気な青宮家のような鬼もいます。

大閻魔は言葉を続けます。

 

「鬼子ももう15…急がねば」

「もたもたしていると婚期を逃してしまう」

つぶやくように言う大閻魔に対し、赤志は閻魔大魔王に『地獄の業火』を授けられもはや普通の人間ではないと反論する六名鬼。

 

しかし、大閻魔はそんな理屈を許しません。

鬼の力を得ただけのたかが人間に、本物の鬼が負けてどうする、と。

ましてや、あの世を背負って立つ六名鬼なのだからと。

「お前たち。私を失望させるんじゃないよ」

そう言い残して大閻魔はその場を去るのでした。

 

大閻魔がいなくなりその場残った六名鬼で話し合いが行われます。

とはいえ、赤志司は鬼の力をはるかに超えている…

さあどうしようかと思われたそのとき。

 

「皆さん…誰も行かないのであれば、今回はウチが行かせてもらいましょうか」

そう声をかける二人組がいました。

南野家当主の南野文太と長男の南野マサシです。

二人ともチンピラ風の見た目で、マサシに至ってはプゥーとガムを膨らませています。

 

息子が鬼子と結婚することになっても恨まないでくださいよ、と話す南野文太。

自信のある様子に他の鬼が「アナタの息子さんなら、赤志司を倒せると?」と聞きます。

 

「倒す?クック」

ガムを噛みながら、今度は息子の南野マサシが答えます。

 

「別に倒す必要はないでしょ」

「戦って勝てない相手なら、排除すればいいだけのことっスよ」

そう軽く話すマサシに対し、排除とは?と他の鬼たちが聞き返します。

 

「殺し屋に依頼しました」

「人間…赤志司を抹殺せよ…と」

「!?」

驚く鬼たちをよそに、南野文太は言葉を続けます。

 

「あの世一の殺し屋…」

「コードネーム…『ロゼ』にね」

 

ざわつく六名鬼たち。

『ロゼ』とは『鬼殺し』の異名をもつあの世一の殺し屋で、伝説の鬼と呼ばれているそうです。

そして、南野家はそのロゼの力で邪魔者を全て排除しのし上がってきたとのこと。

次は赤志を殺して息子の南野アツシをあの世の王とし、その全てを南野家が手に入れようとする心づもりのようです。

 

場面は変わって学校に移ります。

校内では漫画雑誌を読んだりほのぼの平穏な風景。

しかし…

 

ピキ…ドン!!!

空から突然何かが落ちてきて、地面にクレーターのような跡ができてしまいました。

隕石か!?とざわつく人々。

煙が少しずつおさまってくると、クレーターの円の中心に人らしき影が見えます。

 

「おーい大丈夫かー!?」

心配した生徒が声をかけた先には、ひとりのショートカットの髪の女性が立っていました。

かなりの美人ですが、死んだような暗い瞳をしています。

 

その女性の近くに現れる男がひとり。

「さァ…仕事だ」

「赤志司とかいう人間を抹殺し…このオレを王にしろ。『ロゼ』」

 

殺し屋『ロゼ』と南野アツシが学校に現れたところで、次回へつづく!となります。

鬼のようなラブコメ 第22話の感想と考察

おー、今度は美人の殺し屋が登場です。

この『ロゼ』はこれまでの敵役と雰囲気がかなり違います。

(今までの感じですと、あーこれはヤラレ役かなぁとわかりやすかったのですが)

 

服装もノースリーブのぴったりした上着と、下はショートパンツ。

格闘ゲ―などに出てきそうな美人キャラです。

(太ももがすごくむっちむっちしています)

 

赤志司を殺しにあの世からやってきてますので、戦うことになると思いますが…

いったいどうなるのでしょう!?

 

赤志と殺し屋『ロゼ』の対決が楽しみですね!