【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

僕のヒーローアカデミア ネタバレと感想【第213話】OFAの新たな力

2019年1月21日発売週刊少年ジャンプ2019年8号に連載中の僕のヒーローアカデミア

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

前回、いつかと同じ夢のような場所で、謎のスキンヘッドの大男と対峙したデク。

歴代継承者のひとりである彼から、激励を受けます。

彼の真意、そしてOFAの真実とは?

僕のヒーローアカデミア 前回第212話のネタバレとあらすじ

僕のヒーローアカデミア 前回第212話のネタバレとあらすじはコチラ!!

僕のヒーローアカデミア 第213話のネタバレとあらすじ

「頑張れよ――頑張れば大概………………どうにかなるさー!!」

目前に現れた歴代継承者から、突然の激励を受けてデクは戸惑います。

何かを答えようとしますが、顔の下半分は黒いもやのような状態で、答えることができません。

 

唯一ある右手で口元を撫でるデクの様子を見て、歴代継承者は叫びます。

「おォいお口がないのかドンマイさ!」

(こんなにハッキリと―…これはもう面影とかそういう類のものじゃない!)

(夢でもない!この人は…継承者は!――――…)

 

(“力の結晶”の中に 生きてるのか!?)

 

歴代継承者の背後に漂うもやが、徐々に霧散していきます。

「ああ?時間は限られてるみてェだな… よし!坊主よ!」

霧散するもやに気付いた継承者が、改めてデクに語りかけます。

 

「おまえが今出した力は 俺の“個性“さ」

突然の事実の発覚に、デクは驚きを露わにします。

 

「俺たちの因子は“力”の核に混ざって ワン・フォー・オールの中にずうっと在った」

「小さな核さ」

「そいつが今になって 大きく…膨れ胎動を始めたさ」

「ワン・フォー・オールそのものが 成長している」

 

歴代継承者の話を聞いて、デクは戸惑います。

(何で… 何が起こるんだ…!?)

 

「おまえささっき “捕える”か”掴む” そう思ったんじゃねェか? 思ったなあ!?」

(――…物間くんを捕まえようと…)

 

「その思いに適した“個性”が俺の「黒鞭」」

歴代継承者は手のひらから黒く細い、鞭のような”個性”を発現します。

それは、規模こそ違うものの、OFAが暴走した際に周囲にまき散らされたものと似通っていました。

 

「だけどな!この“個性”もまたOFAに蓄積された力が上乗せされ 俺の頃より大幅に強化されてる!」

「いいか?怒りのままに力を振るえば力は答える 肝心なのは心を制することさ」

歴代継承者は徐々に黒い靄に包み込まれていきます。

消えゆく彼は、デクにメッセージを送ります。

 

「いいか坊主 おまえにはこれから6つの“個性”が発現するさ」

「心を制して 俺たちを使いこなせ」

(ワン・フォー・オールを完遂させるのはおまえだ)

 

最後のメッセージがデクに届いたのかどうかは定かではありません。

「デクくん デクくん!!」

お茶子の呼びかけでデクは意識を取戻しました。

 

「大丈夫!?」

すぐ隣にいるお茶子にデクは力の暴走を心配します。

お茶子は意に介さず、”個性”でゆっくりと施設の屋根におろしました。

「心操くんの洗脳でおさまった」

 

「麗日さん傷がっ!ああ 何てことを――…」

心配するデクに、背後から物間が忍び寄ります。

「え!?まだ終わってないんだけど!!」

デクは間一髪、物間の攻撃を避けました。

 

お茶子が反撃しますが、柳のポルターガイストが迎撃します。

「黒いのが暴れて 作戦台無しになってしまった!」

「ん」

庄田の台詞に小大も同意し、B組チームが集結します。

 

「いたァア オラアア!」

A組チームも集結し、作戦を無視した乱戦となっていきます。

 

心操がお茶子に放った捕縛布を、デクは左手で掴み取りました。

(また皆を傷つけるわけにはいかない!頭がいっぱいいっぱいだ!)

 

未だ混乱状態のデクに関わらず、事態は変化していきます。

それを、大人たちは見守っていました。

 

「どうするイレイザー」

「少し…様子を見ます」

「相澤くん!?何を――…」

「第5セット継続します」

 

捕縛布を通じて、心操とデクが対峙していました。

心操の口元には、微かに笑みが浮かんでいます。

 

僕のヒーローアカデミア 第213話の感想と考察

中断されるかと思った第5試合ですが、お茶子の機転によって、継続が決定しました。

普段ある程度情報を整理してから戦闘に入るデクなので、この急場にどう対処するかが見ものです。

個性が6つ発現するというのは、”無個性”のデクとオールマイトを抜いた人数でしょうか?

“黒鞭”以外にどのような”個性”があるのか、またどんな思いによって発現するのかが楽しみですね。

 

お互いに万全とは言い難い心操とデクですが、再戦の機会があって良かったです。

お互い、いつかは果たせなかった真剣勝負が悔いなく行えればと思います。

状況が把握できない中でも、真っ先に不意打ちを行う物間くんは相変わらずですね!

叫ばなければ不意打ちが成功した気もしますが、そこが彼たるゆえんでもありますね。