【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

オリエント ネタバレと感想【31話】犬飼の目的

1月23日発売マガジン8号のオリエントの最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します。

武蔵が穴に落とされた頃、小次郎達は山頂に着き鬼神と対峙します。

小次郎達は無事に鬼神を倒せるのでしょうか?

『週刊少年マガジン』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ポイントをもらって「週刊少年マガジン」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

オリエント 前回30話のネタバレとあらすじ

オリエント 前回30話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

オリエント【31話】ネタバレとあらすじ

鬼鉄刀が使えない為に小次郎達と別れ一人残った武蔵は、犬飼によって穴に落とされます。

穴の中で武蔵は、突如現れた謎の人物によって過去を見せられた後に黒い鉱石にされてしまいます。

一方小次郎とつむぎは山頂に着き、鬼神と対峙します。

 

小次郎達は山頂で鬼神と対峙するも鬼神「阿形・吽形」は何故か首がない状態になっておりました。

その様子に戸惑うも、鬼神は死んだら鬼鉄になる為に生きている事を知ります。

 

鬼神を倒すために鬼の急所である角を探すも、見つからない為

「ここに無い首の部分に生えていたんじゃねえのか?」

小次郎が言うと

 

「その通り」

と突如犬飼が鬼神の上から現れます。

犬飼に鬼神を倒したのを聞くと

「うん」

答えてくれるも、首の在り処については答えてくれませんでした。

 

皆が戸惑う中、何処かの武士団の大将と思われる人物が

「鬼神の首の在り処を吐け」

と仲間と犬飼を囲んで脅すと

犬飼は微笑みながら刀を一振りし、武士たちの何人かを真っ二つにして殺してしまいます。

 

「俺が欲しいのはきみたちの鬼鉄刀だ、そのためには死んでもらわなきゃならない」

と犬飼は言います。

武士達も

「なるほど…刀狩か」

「外道め、そのつもりならば受けて立つ」

と口々に言いながら臨戦態勢に入ります。

 

武士達が一斉に攻撃すると犬飼は

「生きがいい素材だ」

と狂気の目で笑いながら鬼鉄刀を振り、恐ろしい力で武士たちを虐殺していきます。

 

一振りで地面を割るほどの力と大量の武士たちがバラバラになるのを見て、驚愕する小次郎達。

「なんだこいつの強さは…」

「尋常じゃない…」

と口々に驚いています。

 

その時つむぎが

「どうしよう小次郎」

と言う言葉に犬飼は反応し、

「もしかして、君が小次郎君?」

と言いながら小次郎のほうに歩いて行きます。

 

そして、犬飼は肉体が滅びても魂が鬼鉄刀に宿る事を小次郎に伝え

「鬼鉄となって永遠に戦い続ける事が出来る」

「きみにもできるよ、わくわくするだろう」

と狂気の目で言います。

 

小次郎はぞっとしながらも、犬飼に敵わない事を悟り戸惑います。

つむぎは

「な…なんであんなヤバい奴に小次郎が狙われてんのよ」

と涙目になっており

周りの武士達も

「逃げろ小次郎」

と言う中、次回32話に続きます。

 

オリエント【31話】感想・考察

今回は前回の武蔵の回想とは変わり、小次郎達の場面となりました。

正確な時間は分かりませんが小次郎と別れた後の武蔵と話をしていた犬飼が、いつの間にか小次郎達を追い抜かして鬼神を倒してしまったのが驚きました。

 

ただ犬飼は鬼神の首を取っただけで弱点の角を攻撃して殺しておらず、何らかの意図があるのかと思わされました。

また犬飼の目的の一つが武士たちの鬼鉄刀を殺して奪う「刀狩り」であることが分かり、何の為に奪うのかも気になりました。

 

終盤武士たちを平気で虐殺した後に小次郎に向かっていく犬飼は本当に怖い顔をしており、犬飼の強さと共に狂気も見せつけられた回でした。

 

今回は武蔵が一切出て来ない話でした。

前回の30話で黒い鉱石になってしまった為、今回の戦いでは現れない可能性も有りますが犬飼が尋常ない強さに対抗する手段が思いつかない為、もしかしたら助けに来るのではとも思わされます。

 

まだ明かされきっていない犬飼の目的次第ですが、今の状況を覆すには犬飼を倒せないにしろ追い払う為の何かしら力が必要と思われます。

武蔵が新しい力を得て助けに来るか、小次郎が何か秘めた力を出すのか、それとも外部から何かしらの干渉があるのか次回には何かしら進展があるかと思われます。