初恋ゾンビ 第158話ネタバレと感想『もうひとりのイヴ!?』

2019年1月23日発売 週刊少年サンデー8号に掲載中の「初恋ゾンビ」

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

タイトルは「疑心」です。

前回、指宮(いぶすき)くんの作戦通りタロウと二人きりになった江火野 芽衣。

タロウを抱きしめ想いをぶつけようとしますが…

さて、どうなるのでしょうか!?

初恋ゾンビ 第158話のネタバレとあらすじ

「うん…あったかい…」

と身体の温もりを感じつつも、グイっと芽衣から身体を話すタロウ。

 

「お前がいいやつなのは、前から知ってた」

「やっと最近分かったんだよ」

「お前は美人だし、かわいいし、すっごい素敵な女の子だって」

タロウの言葉に、顔を真っ赤にする芽衣。

 

ある女の子に出会って自分は変わった、とタロウは話しはじめます。

怖くて何も知りたくも見たくもなかった自分の気持ちを、その子が溶かしてくれた、芽衣の本当の姿が見えるようになったのもその子のおかげだとタロウは言うのです。

 

「だからオレは…その子と生きていきたいんだよ」

そういうとタロウはベンチから立ち上がって、その場を去ろうとします。

タロウを追いかける芽衣。そして彼女は叫びます。

 

「それは誰も望んでないのよ!」

「初恋ゾンビのイヴちゃんさえも…!」

 

芽衣は『イブの存在を知っている事をタロウには知られないように』と指宮くんから言われていました。

それを知られたら、イヴからの救出のためのやっていたとタロウにバレてしまう、タロウは芽衣を拒絶するか、イヴを連れてどこかへ去ってしまうかもしれない、とさえ芽衣へ言っていたのです。

 

(あたしはタロウを信じたい!)

(ちゃんと本心で説得したい!)

そう思う芽衣は、イヴのことを指宮くんから聞いたと話してしまいます。

そして、今日ここでタロウと会ったのも偶然ではなく、計画されたことだったと正直に話してしまうのです。

 

「全部仕組んだ。イブちゃんも一緒にね」

 

芽衣の言葉にショックを受けるタロウ。

「あいつがそんなことするわけないだろ…!」

と反論しますが、ではなぜ、今イヴはタロウの傍にいないのか、と芽衣に返されて黙ってしまいます。

 

イヴは今、指宿くんの傍にいると芽衣に聞いて、タロウは悟ります。

「…イヴと指宿くんが…オレと江火野を結ぼうとしている…?」

 

場面は変わり、指宿くんの座っているテーブルの上に黒いもやもやした服をまとう女の子が現れました。

「…イ…ヴ?お前…その姿…!」

なんだか雰囲気の違う姿に、指宿くんは驚きながら問います。

 

「話しかけんなブス!」

イヴそっくりな女の子が冷ややかな瞳でそう言うと、「自分と同じ顔だろーが!」とキレる指宿くん。

「アタシ、あんたのこと大っ嫌いだから」

そう吐き捨てるように女の子は言うと、ブワ…っと浮き上がり飛び去って行きました。

 

「なんだあれは…?見た目は失恋ゾンビのようだったけど…」

「タロウと江火野さんに何かあったのか…?」

女の子が消えていった空を見上げて、ひとり呟く指宿くんなのでした。

 

場面はタロウと芽衣に戻ります。

「タロウ…行かないで…あたしも一緒に背負うから…」

「イヴちゃんが消える悲しみ…一緒に乗り越えよう?」

去ろうとするタロウの腕をギュッと握って、懸命に自分の気持ちを伝える芽衣。

その言葉にタロウは違和感を覚えます。

 

「…江火野、お前、初恋ゾンビのこと、指宿くんからなんて聞いてるんだ?」

「もしオレの気持ちがお前に傾いても、イヴは消えないぞ」

「あいつはオレの傍で眠り続けるんだ」

「オレはそれをずっと見ながら生きなくちゃならなくなる…」

そうタロウが芽衣に伝えると……

 

「タロちゃん。こんなところにいたの?捜したよ」

スゥ…とイヴに似た女の子がタロウと芽衣の頭上に現れます。

「…イヴ!?」

驚くタロウと芽衣。そして更にそこへ…

 

「…指宿…くん…」

息を切らしながら、指宿くんがタロウと芽衣の前に現れました!

指宿くんの方をじっと見ると、タロウは言います。

「江火野は知ってたんだな。イヴのこと…」

 

「!」

気づいた指宿くんは、芽衣に確認します。

「…まさか、話した…の?江火野さん…」

頷いて肯定を示す芽衣に「どうして…」と言いかける指宿くんでしたが、その言葉を芽衣が遮って質問します。

「それより、イヴちゃんは本当は消えないの?」

 

何も言えない指宿くんに、芽衣は続けて聞きました。

「あたしに、嘘ついたの?」

どういうことかと問う芽衣に、ふわりと空中に浮いたイヴもどきの女の子も同意しながら言います。

「タロちゃん、ごめんね。ワタシもこいつに騙されたの」

 

こいつ、とは指宿くんのことを言っているようです。

「……え?」

と、その言葉に驚く指宿くんの表情で、次回へつづく、となります。

 

初恋ゾンビ 第158話の感想と考察

これは…どうなってしまうのでしょうか。

タロウに指宿くんたちの作戦がバレてしまいました。

 

そして、イヴとそっくりですが雰囲気の異なるあの女の子はなんなのでしょうか?

指宿くんのことを大っ嫌い!と言っていました。

本気で「騙された」といっているのか、指宿くんを追いつめるために嘘を言ったのか…

 

うーん…後者のような気がしますけれど、指宿くんを嫌う理由とはなんだろうなと。

 

最後に『次号、急展開!?』と書いてありました。

次号が待ち遠しいですね!