【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

ぼくたちは勉強ができない 第96話ネタバレと感想『隠し事の下手な二人』

2019年1月28日発売週刊少年ジャンプ2019年9号に連載中のぼくたちは勉強ができない

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

前回までで、成幸が夢を追ってVIP推薦を諦めようか悩んでいることが、判明しました。

家族のためにと頑張ってきた姿を知っているので、ぜひ後悔しない選択肢を選んでほしいですね。

成幸の選択は、今後のみんなとの関係に変化を与えているのでしょうか?

ぼくたちは勉強ができない 第96話のネタバレとあらすじ

おだやかな昼下がり、図書室でいつものように勉強会を開催しています。

「せーのっ」

今回は、みんなのテストの結果を見せ合っていました。

結果は、苦手科目で全員80点越えの快挙です。

 

「なんとッ!?皆さんスゴイですッ!?」

「おっしゃ自己ベストー!!」

「ま…まぁ 範囲決まってる定期テストだし油断はできないけど…」

緒方は国語で80点、古橋は数学で81点、武元は英語で84点と、各々の結果に嬉しそうにしています。

 

「これも全部成幸くんのおかげだね!本当にありが…」

成幸を見た古橋が、驚いて言葉を止めます。

みんなに反応せず無言の成幸は、黙々と自身の勉強を進めていました。

いつもとは違う様子に、不自然な点を感じました。

 

「あっすまん…皆が頑張った結果だよ!学園長も褒めてたぞ!」

顔を上げた成幸がみんなに謝罪します。

「例のベップスイセンもバッチリだねっ!」

「VIPね うるかちゃん…」

 

喜ぶ武元ですが、成幸の反応はどこか上の空でした。

おもむろに携帯を確認した成幸が、荷物をまとめて立ち上がります。

「やべっ もうこんな時間か!!」

みんなに今日の分の課題を渡して、成幸はあわただしく去っていきました。

 

残された武元と古橋は、ぽかんとその様子を眺めていました。

緒方はなんだか不思議な顔をしています。

 

もしかしてデートなのではないかと疑った武元と古橋は、各々私服に着替えて集まりました。

緒方はお店の手伝いがあるので来られなかったようです。

二人は、成幸の後をこっそりついていきます。

 

メイドカフェに慣れた様子で入って行く成幸に、二人は驚きました。

(手慣れたソブリでメイドカフェに…!?)

(成幸くんまさかの…メイドにガチ恋通い詰め!!?)

「そ そんなのダメっしょ!!ほらこう…ジュケンセーとして!!」

 

成幸を止めに入ろうとする二人ですが、入口のガードマンらしき従業員に呼び止められます。

「…早かったな 早速仕事に入ってくれ」

「え?」

 

数分後、メイド服に着替えた二人がいました。

どうやらヘルプのメイドと間違えられたようです。

ウェイターとして働く成幸に声をかけられます。

慌てる二人でしたが、成幸のコンタクトの度が合っていないようで気付かれませんでした。

 

来てしまったものはしょうがないと、二人はメイドに扮して働きました。

「あっ すみません僕次の予定がありますので お先に失礼します!」

「次!?」

慌ただしく去っていく成幸を、二人も慌てて追いかけました。

 

次の職場は服屋のバイトでした。

「…はぁ 結局2件はしごでバイトかー」

「デートじゃなかったんだねー なーんだ」

言葉とは裏腹に、武元は思い人のデートではないと知り嬉しそうに笑っていました。

 

帰り道、緒方うどんに二人はよっていきました。

「いらっしゃいませ! …っておおお前らか!」

(3件目ェ…)

 

驚く二人をよそに、手慣れた様子で成幸は仕事をこなしていきます。

その後ろでは緒方も働いています。

 

「成幸さすがにバイトしすぎ!!」

武元が成幸の腕を掴み、事情聴取が始まりました。

 

「ちゃんと体には気をつけてるし ちょっと欲しいものがあるだけだから…」

「まぁ 無理しないでくれるならいいけど…」

「てかりっちゃん… 成幸くんがバイトしまくってるの最初から知ってたんだね!?」

 

「知りません」

「文乃やうるかさんには内緒と言われたので お口にチャックマンです」

 

「お? あっれみんなそろってどーしたん?」

「なんだ大森か」

事情聴取が落ち着いた頃に、成幸のクラスメイトが食事に来ました。

 

「あ そーいやさ唯我―」

「なんでVIP推薦蹴っちゃったん?」

 

ぼくたちは勉強ができない 第96話の感想と考察

緒方以外のみんなにも、成幸の事情が知れ渡ってしまいました。

事情を知るが口止めされている緒方の表情が、読み返してみると「なるほど!」と思えます。

それで不思議な顔をしていたんですね。

 

追及を逃れたのに、あっさりとクラスメイトの口からバレるあたりが成幸の詰めの甘い所ですね。

今まで自分たちの夢に協力してくれていた成幸の夢を、みんなは応援してくれるのでしょうか?

急展開の今回でしたので、次回の話が楽しみですね!