【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

鬼滅の刃 第143話ネタバレと感想『しのぶの残したもの』

2019年1月28日発売週刊少年ジャンプ2019年9号に連載中の鬼滅の刃

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

前回、童磨に一矢報いたしのぶですが、その姿はボロボロになってしまいました。

例え柱であっても、相性が悪ければ勝てない相手、今回はそれが特に顕著ですね。

しのぶにはたくさんお世話になっているので、どうか無事でいてほしいですね。

扉絵は、かつてのカナエとしのぶが手を繋いでいる後姿でした。

鬼滅の刃 前回第142話のネタバレとあらすじ

鬼滅の刃 前回第142話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

鬼滅の刃 第143話のネタバレとあらすじ

(幸せの道は ずっとずっと遠くまで続いているって 思い込んでいた)

(破壊されて初めて その幸福が 薄い硝子の上に乗っていたものだと気づく)

かつて、幸せな家庭で過ごしていたしのぶは、突然鬼に家族を奪われました。

そして、思い出すのはその鬼を退治した悲鳴嶼の後姿。

 

(そして 自分たちが救われたように)

(まだ破壊されていない誰かの幸福を)

(強くなって 守りたいと思った)

 

(そう約束した)

(鬼を倒そう 一体でも多く 二人で)

(私たちと同じ思いを 他の人にはさせない)

 

天井に叩きつけた童磨の身体から、しのぶの細い刀が引き抜かれます。

重力に従って落下する間に、しのぶは思いました。

(できるできないじゃない やらなきゃならないことがある)

 

(怒ってますか?)

ふと、炭治郎に問われた言葉が脳裏を過りました。

 

(そう 私 怒ってるんですよ 炭治郎君)

(ずっとずーっと怒ってますよ)

自分の両親を、姉を、カナヲ以外の継子を、蝶屋敷で働く子供たちの家族を、殺されました。

すべて、無条理に、鬼によって。

 

(ほんと頭にくる ふざけるな馬鹿)

(なんで毒効かないのよコイツ 馬鹿野郎)

 

落下するしのぶを、童磨の血鬼術が捕まえます。

再度持ち上げられたしのぶは、童磨にきつく抱きしめられました。

「えらい!!頑張ったね!」

「俺は感動したよ!!こんな弱い女の子がここまでやれるなんて」

 

絶対的強者から与えられる、理不尽な言葉にしのぶは苛立ちます。

全身をきつく戒められ、反抗することはできませんでした。

 

「君は俺が喰うに相応しい人だ 永遠を共に生きよう」

「言い残すことはあるかい?聞いてあげる」

間髪あけずにしのぶは口を開きました。

「地獄に落ちろ」

 

バン、と音を立てて扉が開かれました。

姿を見せたのはカナヲです。

「師範!!」

唯一動く指先で、しのぶは何かを伝えました。

 

直後、強く抱かれたしのぶの骨が、砕かれる音がしました。

しのぶが刀を取り落とし、怒ったカナヲが童磨に斬りかかります。

 

「いやー危ない危ない」

「吸収してる最中に斬りかからないでおくれよ」

童磨を取り逃したカナヲが見たのは、童磨の身体に溶けるように吸い込まれていくしのぶの身体でした。

 

怒り狂うカナヲは、それでも間合いを保って童磨の動向を見守ります。

「おや?挑発に乗らないねェ この子がさっき指文字やってたからかな?」

「俺の能力とか教えたのかい?」

「無駄なのにね 頑張り屋さんだね」

 

しのぶは完全に童磨に取り込まれ、残された髪飾りを童磨が眺めます。

「いやあ それにしても今日は良い夜だなぁ」

 

打ちのめされたカナヲは、思いました。

(好きな人や大切な人は漠然と 明日も明後日も生きてる気がする)

(それはただの願望でしかなくて 絶対だよと約束されたものではないのに)

脳裏に浮かんだのは、在りし日のカナエとしのぶの笑顔でした。

 

(人はどうしてかそう 思い込んでしまうんだ)

 

別の部屋で、善逸が立っていました。

「いるんだろ 出てこい そこにいるのは分かってる」

ふすま戸がゆっくりと開きました。

 

「口の利き方がなってねえぞ 兄弟子に向かって」

「久し振りだなァ 善逸」

出てきたのは、かつての兄弟子の姿。

 

「獪岳」

「鬼になったお前を 俺はもう兄弟子と思わない」

目を開いた状態の善逸が、兄弟子と向かい合います。

 

鬼滅の刃 第143話の感想と考察

しのぶは、骨を砕かれて、死んでしまったのでしょうか。

はっきりと明言されてはいませんが、近しい人が多く亡くなる作品なので、あまり楽観視はできませんね。

師範と慕っていたしのぶを冒涜されたカナヲの悲しみは、一言では語りきれません。

 

しかし、柱であるしのぶが叶わなかった相手に、カナヲひとりではかなう訳がありません。

応援が来るといいのですけれど。

 

また、善逸の成長に驚きました……。

てっきり、伊之助にひっぱって連れて来られて、泣きわめいているものかと……。

これはもう、意識がある状態でも技を使えるようになっていると期待していいんですよね?