【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

ドクターストーン 第93話ネタバレと感想『パンの次はなんと!カメラと写真!?』

2019年2月9日発売 週刊少年ジャンプ11号に掲載中の「Dr.STONE(ドクターストーン)」

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

タイトルは「一枚目はあなたに」

前回は、龍水の提案で執事兼シェフのフランソワが復活し、見事にパンを焼きあげました。

さて、今回はどのようなお話しになるでしょうか?

ドクターストーン 前回第92話のネタバレとあらすじ

ドクターストーン 前回第92話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

ドクターストーン 第93話のネタバレとあらすじ

フランソワによれば、小麦さえあればパンは簡単に作れるといいます。

現代ではイースト菌を入れて作りますが、水と小麦を混ぜて30℃くらいの暑さで何日か放置すると勝手にシュワシュワと泡立ってくるそうです。

この種さえあれば、あとは近代文明のパン作りと同じとのこと!

 

「で!!!その最っ高のパンができたのは、元はといえば誰のおかげ??」

と女記者(南)は怒った様子で聞きますが、みんなは「フランソワ~~」と答えながらフランソワ作のパンをほおばるのでした。

「違うでしょ!!私が虎の子の復活液あげたからでしょー!!」

「ほら!作ってくれるって約束の交換条件、私忘れてないからねー!!」

と女記者は叫びます。

 

女記者の希望のものを作るには、細かい細工が必要で、それには職人先生のカセキが欲しいとのこと。

カセキは老体なので石神村までは徒歩では無理だろうと言うのでしたが…

「職人なめちゃダメよ…!?」

と職人カセキは言います。

 

そして、なんと!?

カセキは女記者の運転する車で石神村までやってきました!!

エンジンなどが全部あったので、カセキが組み立てて作ったようです。

またカセキは服も現代風のものを着ていました。

そして千空へ聞きます。

「んで、わざわざワシ読んで、何作っちゃうの、今から?」

ひそひそと内緒話で答える千空。

 

すると…

パアアアアァン!

驚きのあまり職人カセキの服が破れて全裸になってしまいました。

「服――――!!!」

とその場にいた者の驚きの声がこだまします。

 

さて、そんな職人カセキに細かい工作を任せて、千空は何かを作る準備を始めます。

水酸化ナトリウム、銀、そしてアンモニア!

それらを混ぜた怪しい液にガラスを漬け込み、そこへ干しブドウのブドウ糖を少々。

すると!

なんと鏡が完成しました!!

 

「鏡も大事ですけどね、私が欲しいのは商売道具です!!」

と不満げな女記者に対して、千空はドヤ顔で言います。

「この鏡はな、フィルムだよ」

その言葉にハッとする龍水。

「!!」

「それってもしかして…」

カセキの作った本体に鏡を入れて蓋をし、穴から塩水を入れて捨てる千空。

手に持ったそれはカメラの形をしたものでした。

 

「銅版写真(ダゲレオタイプ)」

「人類史上最古のカメラだ…!!!」

千空にそう言われてカメラを差し出された女記者の瞳には涙が浮かびます。

(数千年前のあの日)

(永遠に失った私のカメラ―――)

女記者は千空からカメラを受け取ると、それを抱きしめながら心に誓うのでした。

(ありがとう、この一台で私、必ず撮るから)

(人類がゼロから文明を作ってく、新世界の記録を―――)

 

そんな女記者の決意に頷きながら、千空は1ダース(12個)のカメラを持ってきます。

「ああ、撮れ撮れ。俺らも撮んぞ、気球から」

「多!!」

そうツッコム女記者たち。

そして指を鳴らして、龍水もそうかと気づくのでした。

「!」

「そうか空からの探索に航空写真か……!!」

 

目視よりも効率がよいと話す千空に、そこは女記者の為にと言っといてよとツッコミを入れる面々。

「せめて記念の1枚目だけは私に撮らせてー!!」

と女記者は涙目です。

すると龍水はすかさず、その写真のモデル権ごと買い取るぞ!と言います。

自分が撮られたいのかと思われた龍水でしたが、そうではなく最初の1枚目は千空だという

のです。

「何を言っている?科学文明のスタートの記録だぞ」

「千空に決まっているだろう。違うか??」

と話す龍水の言葉に驚く千空。

 

執事のフランソワが説明します。

「龍水様を誤解なさっているようですね」

「ご自分が輝きたいわけではないのです。龍水様の欲はそんな生易しいものではありませんよ」

「皆様をも輝かせて、それすらも全て手に入れたいのです―――」

そしてさすがフランソワ、こんな事態もあろうかと撮影用の衣装をいくつか運ばせていたとのこと!!

まるでファッションショーのような千空の撮影会が始まります。

 

しかし、どうもぎこちない表情の千空。

「せめてポーズとってよ、なんか!」

とキレる女記者の言葉にフランソワが助言をします。

「それでは世界一有名な科学者のポーズなどは、いかがでしょう」

女記者は嬉しそうに指差していうのでした。

「それ!!!」

 

また気球に乗って空からも写真を撮りまくります。

「一瞬でパシャァとは撮れねぇからな。大人しく飛んでくんねえとブレまくんぞ!!」

とカメラを構えながら千空が言います。

「はっはーナメるなよ、風の王を!!」

「これなら石油ごとき、すぐに見つけてやる…!!!」

そう答える龍水なのでした。

 

撮影後。

千空の指示通り水銀であぶり、硫黄から作った定着液を流し込むと…写真の完成です!

「オホホー板の上に千空がいるぞい」

「てかなんだよ、このポーズ???」

千空が写真に撮られていたポーズは現代人ではないと知らないかも?と女記者は言います。

それは…

 

世界一有名な科学者、アインシュタインのあの有名な写真のポーズと同じでした。

舌を出した顔で写真に写っている千空の顔。

『写真を手に入れた!!』というナレーションが入ったところで、次号へつづく、となります。

 

ドクターストーン 第93話の感想と考察

前回、限定された食料や道具を使ってのパン作りがすごいな!と思ったのですが、今回はなんと写真!!

 

幕末時代くらいの写真でガラス板に写ったものがあるとは聞いてましたが、こうやって作るんですねぇ。

素直にすごいな!と思います。

 

そしてなにげに龍水のキャラがいいですよね!

龍水の存在はこの漫画のいろんなキャラを引き立てていく気がしました。

次号も楽しみです!