鬼滅の刃 第145話ネタバレと感想『満身創痍の善逸の、確かな思い』

2019年2月9日発売週刊少年ジャンプ2019年11号に連載中の鬼滅の刃

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

前回は、炭治郎と義勇の無事が分かった反面、正式にしのぶの死が知らされて、悲しい回でしたね。

また、善逸の様子が修行中に変わったのは、師匠の死が関わっていた様子です。

悲しいですが、兄弟子と対面した善逸は戦う覚悟を決めた様子でした。

扉絵は、善逸と獪岳の今までの姿がそれぞれ描かれていました。

無惨を倒すことで、今後はこのような悲しい戦いが無くなればいいですね。

鬼滅の刃 前回第144話のネタバレとあらすじ

鬼滅の刃 前回第144話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

鬼滅の刃 第145話のネタバレとあらすじ

物語は、獪岳の回想から始まります。

(圧倒的強者に跪くことは恥じゃない 生きてさえいれば何とかなる)

(死ぬまでは 負けじゃない)

 

上弦の壱と出会った獪岳は、刀を置いて跪いていました。

それまでの想い出が、走馬灯のように獪岳の脳裏を巡ります。

孤児で苦しんだこと、周囲から蔑まれて生きてきたこと。

 

(生きてさえいれば いつか勝てる勝ってみせる そう信じて進んできたんだ)

 

「鬼となり… さらなる強さが… 欲しいか… お前も…」

上弦の壱が握りしめた手のひらからこぼれた血液を、獪岳は受け皿にした両手で受け止めました。

 

「強い剣士ほど… 鬼となるには時間がかかる… 私は丸三日かかった…」

「有り難き血だ… 一滴たりとて零すこと罷り成らぬ…」

「零した時には…… お前の首と胴は泣き別れだ」

 

上弦の壱に睨み付けられながら、獪岳はその血液を震える身体で飲み干しました。

(あの 体中の細胞が 絶叫して泣き出すような恐怖 あれに比べれば)

 

鬼と化した獪岳の眼前には、弟弟子の善逸が対峙しています。

(こんな小物大したことはない 力をつけた所で上弦には及ばない)

過去の善逸の逃亡癖や、師匠に同列に思われていたことを思い返し、獪岳は怒ります。

 

「死んで当然なんだよオオ!! 爺もテメェもォオ!!」

雷の呼吸 弐の型 稲魂で善逸に斬りかかります。

(一息で瞬きの間に五連撃)

 

攻撃を避けきれずにくらいながら、驚愕の表情で善逸が叫びます。

「大勢人を喰ったな もう善悪の区別もつかなくなったんだな?」

 

笑いながら獪岳は善逸に攻撃を続けます。

「善悪の区別はついてるぜ!!」

「俺を正しく評価し認める者は”善”!!」

「低く評価し認めない者が”悪”だ!!」

 

立て続けに雷の呼吸に襲われて、善逸の表皮がひび割れてきます。

雷の呼吸 陸の型 電轟雷轟で善逸は全身に傷を負いました。

「喰らった斬撃はお前の体で罅割れ続ける」

「目に体に焼き付けろ俺の刀を 鬼になり雷の呼吸を超えた!!」

 

善逸は部屋から叩き出され、縦長の部屋を落下していきます。

「俺は特別だお前とは違う お前らとは違うんだ!!」

 

落下しながら、善逸は過去を思っていました。

(獪岳を見習え!! 兄弟子のようになれ!!)

かつて、修行から逃げ出す善逸を捕まえた爺ちゃんに言われました。

獪岳の悪口を言う弟子と喧嘩をしたことを思い出しました。

 

(上の階級の奴殴ったって? 問題起こすなカスが)

(お前みたいなのがいるのは本当に恥だぜ)

獪岳にののしられたことを思いだします。

 

(獪岳が 俺のことを嫌っていたのは十分わかっていたし)

(俺だって獪岳が嫌いだった)

(でも尊敬してたよ 心から)

 

(特別だったよアンタは)

(爺ちゃんや俺にとって特別で大切な人だったよ)

(でもそれじゃ足りなかったんだな)

 

(どんな時もアンタからは不満の音がしてた)

(爺ちゃんごめん 俺たちの道は分かたれた)

 

善逸は、空中で体制を変え、獪岳を見ました。

(ごめん 兄貴)

 

満身創痍の善逸が、雷の呼吸 漆ノ型 火雷神で獪岳の首を撥ねとばします。

雷撃に、善逸の羽織が破れました。

育ての親と揃いの羽織は、無惨な姿となります。

 

首だけで知らない技に悪態をつく獪岳に、善逸は静かに語りかけます。

「これは俺の型だよ」

「俺が考えた俺だけの型」

「この技で いつかアンタと肩を並べて戦いたかった…」

 

鬼滅の刃 第145話の感想と考察

満身創痍になりながら、からくも善逸は獪岳に勝利しました。

気絶せずに戦う善逸は格好良かったですね……!

今までの醜態を考えると、育ての親の死で非常に成長したように思えます。

 

余力がなさそうな善逸が、この後受け身を取れるかが心配ですね。

体力を使い切ったように見えるので、誰かが助けに来てくれるといいのですが。

血鬼術で作られたこの建物は、一人の隊士を狙って鬼の元へ導いているようなので、善逸が心配です。