鬼滅の刃 138話ネタバレと感想『急転』

鬼滅の刃 138話ネタバレと感想を紹介!

鬼滅の刃 138話のネタバレとあらすじ

対峙するふたり。鬼の総大将、鬼舞辻無惨と鬼殺隊の頭、産屋敷。

病床に伏す産屋敷の前に現れた無惨を、有り難く招き入れる。

きっと君は、君自身が殺しに来る、と。

 

鬼に咬まれた炭治郎の妹禰豆子は、鬼化するも兄との記憶で人間の心も持つ強くて優しい女の子。

前回の戦いで、朝陽を浴びても塵にならなくなった彼女を喰らえば、永遠を手に入れられる、無惨は禰豆子を奪いに来たのだった。

だが、産屋敷は、彼に語る。

永遠とは何か・・・

その頃、家族を鬼に殺された物語の主人公、炭治郎とその仲間達は、鬼殺隊の中でも力のある柱と呼ばれる者のもとで、修行に励んでいた。

そして、柱と称される彼らも、柱二人だけでもお館様(産屋敷)の護衛につけるべきだと密談していた。

 

そんな矢先、里中に触れ回れる、奇襲の知らせ。

鬼殺隊の柱達、炭治郎も、お館様の屋敷へ馳せ参じる。

あとちょっとで間に合いそうに見えた瞬間、屋敷は大爆発した。

凄まじい炎と爆音は里中に響き、血と肉の焼けつく匂いを撒き散らす。

 

その炎の中に無惨がいた。

身体半分吹き飛ばされてはいたものの、夜ともあって無事ではあった。

爆薬と共に己を消し飛ばした産屋敷、鬼である無惨の再生を少しでも遅らせる仕掛けも仕込んであった。

 

無惨は、まだ何かある、と確信するも、自分の体の再生を待った。

完全体になる彼の体の周りに血鬼術が張り巡らせた。

それは無惨の体を貫き動きを封じた。

抜くことが出来ない為、無惨はその術を体内に取り込み吸収することにした。

 

その時だった、何かが体の中に差し込まれたのは。

内臓を突き破り、腹に腕、女の腕、女が、自分の腹に拳を突きつけていた。

 

珠世だった。珠世はかつて鬼だった。

しかし産屋敷に救われ、無惨の敵であった。

彼女の拳をも吸収し始めた無惨の体。

それを見届けた彼女は、思いがけない言葉を言い放つのだった。

鬼滅の刃 138話の感想と考察

とにかく凄かった。急展開過ぎて。

前回はいきなり、お館様の前に無惨が現れて、どうなることかと思っていた矢先に、今回の展開。

まさか、あの優しいお館様が、こんな一撃を考えていたとは思いもしませんでした。

 

柱は全員、お館様命の人たちです。

彼らはなにもかもを悟って、この最後の賭けに投じたのか、とにかくラストの描写が次、どうなるのか、ハラハラドキドキしました。

展開が早く、読んでいて面白かったです。

面白いというより、凄い。

とても人間味溢れる内容で、とくに、主人公の炭治郎の妹、禰豆子が可愛くて、可愛くて大好きです。

 

太陽の下でも生きることができた鬼の血の禰豆子を巡って、兄炭治郎と鬼殺隊が、この先鬼とどう対峙していくのか楽しみです。

戦闘のシーンもかっこいいです、技もかっこいい。

出てくる人達も個性派ばかり。次回が待ち遠しいです。