ドクターストーン 第94話ネタバレと感想『二つ黒い宝石とは!?フランソワのトリュフ探し!!』

2019年2月18日発売 週刊少年ジャンプ12号に掲載中の「Dr.STONE(ドクターストーン)」

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

タイトルは「黒い宝石(ブラックジュエル)の香り」

前回は、千空がカメラを作って航空写真を空から撮っていましたね。

さて、今回はどのようなお話しになるでしょうか?

ドクターストーン 前回第93話のネタバレとあらすじ

ドクターストーン 前回第93話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

ドクターストーン 第94話のネタバレとあらすじ

気球の上から航空写真を撮って、油田をみつけようとする千空と龍水。

雪で大地が埋まる前に100億枚は撮りまくると意気込む千空に対して、龍水は指を鳴らして答えます。

「フゥン、それまでに辿り着いてやろう」

「大地に眠る黒い宝石(ブラックジュエル)、石油にな……!!」

 

そして撮りまくった写真を現像し、虫眼鏡のようなものを使って念入りに調べている千空。

季節はすっかり秋になっていました。

麦は豊かに実り、刈り入れにも精の出る面々ですが、農作業のキツさに腰を痛める者もいます。

農耕は狩猟に比べると収穫も桁違いだが、疲労も桁違いだと話す人々。

そして麦という主食を手に入れた今、龍水は三ツ星レストラン『フランソワ』の開業だと宣言します。

 

早速、食材の資料として航空写真をチェックするフランソワ。

千空はタンパク質がとれて保存の効く食べものが理想的だと話し始めますが、龍水はズイと出てきてこう主張します。

「とてつもなく旨すぎる高級グルメだ!!」

「そうだな、トリュフかキャビアかフォアグラか…」

とよだれを垂らしながら言うのですが…

 

そんな食材自体無いから無理と言われるのですが、龍水は『無理です』というセリフをフランソワから聞いたことは一度もないと言います。

そして龍水の言う通り、フランソワはお辞儀をしながら言うのでした。

「タンパク質で保存の効く高級グルメですね。畏まりました」

「ならばご用意するメニューは『黒トリュフの牡丹肉リエット』」

更にフランソワは石神村周辺の森や動物に最も詳しい識者の先生を呼んでおいたということです。

その識者とはスイカでした!!

 

早速スイカは航空写真をチェック。

その中にイノシシのような影を見つけます。

森に出かけ罠を置くとイノシシの親子を大量にゲット!

それから家畜としてイノシシを飼い始めました。

 

高級食材のトリュフはどうするのかと思いきや、フランソワによれば日本にも普通に生えているとのこと!

その驚異的な視力(11.0)で航空写真から黒いキノコ(トリュフ)を探そうとするコハク。

見つかるわけないと周囲から期待もされていませんでしたが、コハクは黒い宝石を見つけたと言います。

まさか…と思われましたが、その写真に写る黒い染みのようなもの…それは油田のように思えました。

「相良(さがら)油田だ……!!!」

千空は叫び、みんな油田を探しに飛び出して行きます。

 

さて、フランソワとスイカの方はと言えば、イノシシを使ってトリュフ探しをしていました。

トリュフの香りはイノシシの愛のフェロモンと成分が同じだというのです。

手綱を繋いだイノシシが土の中を前足で掘ると、黒い宝石…トリュフが現れました!

しかし、残念ながら見つけたイノシシにトリュフは食べられてしまいます。

思わず白目になるフランソワ。

 

ですが、スイカがある提案をします。

それは、犬のチョークに今見つけたトリュフの土の臭いを辿らせることでした。

そして…フランソワとスイカはキラキラと輝くトリュフを無事獲ることができたのです。

 

一方、油田探しをする千空たち。

鮮明ではない写真を元に油田を探していましたが、なかなか見つけられずにいました。

何か情報を見落としていないかと考えこむ千空の頭の中に、フランソワの会話が響きます。

『黒い宝石の香りはイノシシたちが知っています』

 

「!!!!!」

「イノシシだ!!」

千空は思い出します。

1872年の相良油田発見は野生のイノシシが関係していたのだと。

泥浴びの習性を持つイノシシですが、あるとき油の臭いのするイノシシがおり、それを放った後を尾けてみたところ油田が発見されたというのです。

 

さて、そのころフランソワは牡丹肉のリエットを早速作ろうとしていました。

「??このイノシシなぜか油の香りがしますね」

と、フランソワがハンカチで口を押さえながら呟きます。

「煮込むな―――――!!!!!」

と慌てて千空たちがフランソワに駆け寄っていく姿で、次号に続く!!となります。

 

ドクターストーン 第94話の感想と考察

黒トリュフを豚を使って土の中から探すというのは聞いたことがありましたが、イノシシは豚の先祖。

イノシシでも出来たんですねぇ。

しかし過去油田が発見されたのにもイノシシが関わっていたとは知りませんでした!

この漫画は本当に勉強になりますね。

 

それにしてもこの時代にリエットなどという洒落たメニューを考えつくフランソワはすごい!

我が家にもほしいくらいです。

 

来週はイノシシを使って油田発見となるのでしょうか!?

次号も楽しみですね!