【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

鬼滅の刃 第146話ネタバレと感想『愈史朗の貢献と、因縁の相手との邂逅』

2019年2月18日発売週刊少年ジャンプ2019年12号に連載中の鬼滅の刃

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

前回は、満身創痍になりながらも覚悟を決めた善逸が獪岳に勝利しました。

首を斬られた獪岳は、善逸をののしりながらも少しずつちりとなっていました。

いつか兄弟弟子で並んで戦いたかったと呟いた善逸の表情が、切ない回でしたね。

すべての力を使い果たし、落下していく善逸はどうなってしまうのでしょうか?

鬼滅の刃 前回第145話のネタバレとあらすじ

鬼滅の刃 前回第145話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

鬼滅の刃 第146話のネタバレとあらすじ

獪岳は、ちりとなりながらも弟弟子について考えていました。

(七つ目の技だと?)

(俺よりも劣っていたカスが?)

(耐えられない耐えられない!!そんな事実は受け入れられない!!)

 

(いや 違う負けじゃない あのカスも落下して死ぬ)

(もう体力は残ってないはず アイツも俺と死ぬんだ)

「人に与えない者はいずれ人から何も貰えなくなる」

ちりとなりつつある獪岳に、愈史朗が隣でささやきました。

 

「一人で死ぬのは惨めだな」

獪岳の陸と刻まれた瞳と、愈史朗の鬼の瞳が見つめ合いました。

もう口までちりと化した獪岳は、もう何も言葉にすることができずに消えていきます。

そんな獪岳を尻目に、善逸を背負った愈史朗は上階へと駆け上がりました。

 

気絶した善逸は、広大な河を挟んで育ての親と向き合っていました。

 

「爺ちゃん!!」

「ごめん俺 獪岳と仲良くできなかった」

「俺がいなかったら獪岳もあんなふうにならなかったかもしれない」

「ほんとごめん!!許して!!」

 

涙をこらえて、善逸は叫びました。

「何か言ってくれよ爺ちゃん…」

河を渡ろうとする善逸の足に、彼岸花が絡まって行く手を遮ります。

 

「善逸」

静かに発された育ての親の言葉に、善逸は動きを止めました。

「おまえは儂のほこりじゃ」

育ての親が、涙を流して善逸を見つめていました。

 

ぼんやりと目を開けた善逸は、愈史朗に介抱されていました。

他の隊士も周囲を見張っています。

「顔見知りなんだよ何とかしてくれよ 頼むからな!!」

「うるさい黙れ村田 味噌っかすの分際で」

 

愈史朗は目だけを人間のように変えて、隊士に混ざって医療行為をしていました。

事実ではありますが、気がめいることばかりを告げる愈史朗に村田が噛みつきます。

「大声出すから鬼が来たぞいい的だな」

「ウワーーーッ」

 

珠世から言いつけられて隊員の救護及び援護を行う愈史朗ですが、内心は不満たらたらでした。

珠世の力で鬼となった唯一の固体なので、気配が無惨の鬼とは違い、紛れることができています。

隊士たちが通常の鬼と戦う間も善逸の治療を手際よく進めていました。

 

瞳をつぶった愈史朗が、鴉の目を通して見た光景を呟きます。

「……まずいな 遭遇する」

 

一方、炭治郎と富岡は走り続けていました。

(上弦とまったく遭遇しない)

(他の皆はまだ無事か!?)

(しのぶさん……!! きっと勝ちますから きっと皆が… 俺たちが!!)

 

突然建物が揺れ出し、2人は立ち止まりました。

「何だこの揺れは!!」

(また誰か戦ってるのか!?)

(…いや 違う こっちに近づいてる?)

 

(この匂いは……)

何かを確信した様子の炭治郎に、富岡がとっさに声を掛けます。

「上だ!! 炭治郎下がれ!!」

次の瞬間、天井が割れ、畳を割りながら鬼が落下してきました。

 

炭治郎を見ながら、上弦の参の鬼は笑います。

「久しいなァ」

「よく生きていたものだ お前のような弱者が」

「竈門 炭治郎!!」

 

鬼は笑いながら、落下の勢いそのままに炭治郎に殴り掛かります。

匂いが確信に変わった炭治郎は、怒りを湛えて鬼を睨み付けました。

「猗窩座ァァアア!!」

かつて炭治郎の目の前で煉獄を殺した敵が、目の前で笑っていました。

 

珠世は、肉塊に変わった無惨に取り込まれそうになりながら必死で抗っていました。

(恐らくこの…肉の繭のようなものの中で 人間に戻る薬を分解しているのね)

(いずれ私も取り込まれる……)

(お願い誰か早く来て)

 

(お願い…!!)

 

鬼滅の刃 第146話の感想と考察

ここまで戦闘の無かった炭治郎ですが、因縁の相手と相対することになりました。

炭治郎にとっては非常に格上の相手ですが、背後に富岡も居てくれますので、安心感がありますね。

自分を卑下する傾向のある富岡ですが、咄嗟の判断や技量はさすがの一言に尽きます。

二人係りでもありますし、安定して倒して欲しいですね。

 

さて、しばらくぶりですが、しのぶのかたき討ちをしているカナヲは無事でいてくれるでしょうか……。

炭治郎たちが合流するのかと思っていたので、一気に心配になってきましたね。

かなり時間の経過がありますので、無事でいてほしいものです。

また、伊之助もどうしているでしょうか?

 

炭治郎のかたき討ちも含めて、今後の展開が楽しみですね。

これ以上、悲しみが広がる前に決着を付けてほしいものです。