【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

僕のヒーローアカデミア 第217話ネタバレと感想『オール・フォー・ワンとOFAの関連性』

2019年2月18日発売 週刊少年ジャンプ2019年12号に連載中の僕のヒーローアカデミア

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

前回は、お茶子の貢献と心操の能力のおかげで自分を取り戻したデクが、A組を勝利に導きました。

そして始まった反省会ですが、各々が自らを省みることでさらにヒーローとして躍進できそうです。

心操の編入をにおわす言葉や、物間をエリちゃんと引き合わせるという爆弾発言がありました。

さて、最新話はどうなるのでしょうか?

僕のヒーローアカデミア 前回第216話のネタバレとあらすじ

僕のヒーローアカデミア 前回第216話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

僕のヒーローアカデミア 第217話のネタバレとあらすじ

模擬戦の終わった日の夜、19時のことです。

「オ゛ラ゛どうしたびびってんのかゴラ」

「待ってって!!待ってマジで出ないんだって」

訓練場にてデクを虐めぬく爆豪の姿がありました。

 

「やめ―――!! そういうんじゃないから落ち着きなさイブハッ」

2人を止めようとしたオールマイトですが、叫んだことから吐血してしまいます。

 

「ヤバくなりゃ出るもんだろうがこういうのは!」

着地しながらオールマイトに問う爆豪ですが、オールマイトはデクにどうなんだと問いかけました。

「…やっぱり 出ないです」

「気配が消えた…」

 

模擬戦後、個室にてデクと爆豪、オールマイトの3人は話し合っていました。

「先代の”個性” ワン・フォー・オールそのものの成長…か」

「爆豪少年も 秘密を共有する者としてね」

「歴代継承者の”個性”が備わっていた事 恐らくお師匠も知らなかったハズ」

 

「じゃあ現状でめーが初ってことだなゴミ」

「オイ何かキッカケらしーキッカケあったんか」

(すごい… 話をまとめつつ進行してくれるすごい)

デクをこきおろしつつも話の流れを作る爆豪に、オールマイトは感心していました。

 

「ううん全く… ただ時は満ちたとだけ言ってた… 何か外的な因果関係があるのかも…」

歴代継承者の話を思い出しながらも考える様子のデクに、爆豪はスッパリと言いました。

 

「オール・フォー・ワンが関係してんじゃねえのか?」

「ワン・フォー・オール元々あいつから派生して出来上がったんだろ?」

「複数”個性”の所持――…なるほど あいつとおんなじじゃねえか」

 

気付きたくなかったことですが、確かにその可能性が高いとオールマイトは肩を落としました。

(また ああならぬよう もっとその力を知る必要がある)

 

訓練場にてデクにもう一度発現させろと詰め寄る爆豪ですが、一向に発現の気配はありません。

考え込んだ様子で独り言を口にするデクを見て、爆豪は背を向けました。

「つまンねえなクソが!扱えねーなら意味がねェ!帰る!」

 

デクを学生寮まで見送ったオールマイトが、デクに問いかけました。

「…大丈夫かい?」

頭を下げるデクでしたが、その表情は憂いに満ちていました。

(オール・フォー・ワンの力…か…)

 

学生寮ではB組の面々も集まり、反省会をしたり親交を深めたりと賑やかな様子でした。

晩御飯がビーフシチューだと喜ぶデクに、轟が声を掛けます。

「おまえも”個性”2つ持ちだったのか?」

「え!」

 

「違う違う!」

「今日初めてああなって自分でびっくりしてる状態」

慌てて否定するデクに、轟は素直に謝罪します。

「そうか それは大変だったな 疑って悪かった」

 

「轟くんも凄かったよ 炎…あんなに使えるようになってたなんて」

「いや まだまだだ それこそ今のおまえと変わらねえよ」

自分の未熟を思う轟は、エンデヴァーに連絡を取っていました。

 

「俺はもっと上へ行くよ」

スマホのチャット画面を見たエンデヴァーは人知れず喜んでいました。

 

翌日になって、教員たちは心操のヒーロー科編入について話をしていました。

「じゃあ これで決まりですね」

教壇に立つ相澤が主体で話を終えたようです。

 

教員寮にて、エリちゃんが戸惑った様子でミリオに隠れていました。

「ゆうえいの… ふのめん…」

「アハハハ 何言ってんのかなこの子ォ! 何言ってんのこの子ォ!?」

昨日の話通り、物間をエリちゃんに引き合わせたようです。

 

「物間に頼みたいことがあったんだが」

「如何せんエリちゃんの精神と物間の食い合わせが悪すぎるんでな」

相澤とデク、ミリオとエリちゃん、そして物間の5人で話をしていました。

 

「うーん… “スカ”ですね」

「…そうか 残念だ」

“スカ”とは、何かを蓄積して発揮するタイプの個性の場合にはコピーができないということでした。

物間の能力はその場合、コピーをしてもその実力を発揮できないようです。

 

人知れず、物間を爆発四散させることがなくて良かったと安堵するデクでした。

コピーすることでエリちゃんの”個性”の使い方を理解する試みでしたが、うまくいかなかったようです。

 

僕のヒーローアカデミア 第217話の感想と考察

爆豪の解析により、デクの暴走のきっかけはOFAではないかと考察されました。

確かに、その複数能力の所持というところからも可能性は高そうですね。

認めたくないところでしょうが、念頭におけるだけでも今後が変わってくるはずです。

 

個人的には、喧嘩をした後からの爆豪が丸くなりつつあって嬉しいです。

今でもデクを見るとイラっとしていますが、ヒーローとしての部分は認めてくれたということでしょうか。

オールマイトと3人でとはいえ、爆豪ときちんと話ができてデクにとっては良かったと思います。

 

エンデヴァーの親心も報われ、相澤の過去への伏線も潜ませつつ、物語が進んでいきますね。

エリちゃんの”個性”の使い方が分からなかったのは残念ですが、一部が解明できただけでも進歩ですね。

ひとまず模擬戦がひと段落したので、これからの展開が楽しみですね!