【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

ぼくたちは勉強ができない 第99話ネタバレと感想『小美浪先輩とのお約束な展開』

2019年2月18日発売 週刊少年ジャンプ2019年12号に連載中のぼくたちは勉強ができない

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

しばらくはVIP推薦を蹴ってしまった関係の話が続きそうですね。

前回は武元との話だったので、今後は他のヒロインに焦点を当てた話もありそうですね!

緒方は成幸の悩みを聞いていましたので、直接話していない桐須先生との話もあるのでしょうか……。

今回は、小美浪先輩との話になります!

ぼくたちは勉強ができない 前回第98話のネタバレとあらすじ

ぼくたちは勉強ができない 前回第98話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

ぼくたちは勉強ができない 第99話のネタバレとあらすじ

小美浪先輩の働くメイド喫茶で働く成幸は、ウェイター時は眼鏡を外しているようです。

ウェイターに食器洗いにと忙しく働き、もし浪人したら本格的に雇いたいと店員に言われていました。

「縁起でもねーこと言うなよマチコ…」

小美浪は呆れつつも怒りを込めて同僚を睨んでいました。

 

帰り道、小美浪と並んで歩く成幸は必死に数学の公式を詰め込んでいました。

1分1秒でも惜しいというように教科書を開く成幸を、小美浪は心配そうに見ています。

「おい後輩 毎日遅くまで頑張ってくれんのはありがたいけどな… ちゃんと寝れてんのか?」

「はは なに言ってるんですか先輩 全然余裕ですよこのくらい」

 

教科書を片手に笑みを浮かべる成幸ですが、次の瞬間、排水溝に片足をつっこみました。

「おぅっ!?」

続いて反対側の排水溝に反対の足を入れ、さらには電信柱にもぶつかります。

「フラッフラじゃねーか後輩!!!」

 

小美浪診療所にて、成幸はおでこにガーゼを貼ってもらっていました。

「まあちょっとした睡眠不足だな」

「診療時間外なのにわざわざありがとうございました…」

小美浪の父親に診察を受け、申し訳なさそうな成幸は帰ろうとしました。

 

「何を言う」

「泊まっていきなさいッ!!!」

目を光らせた小美浪の父親に、成幸は絶叫をあげました。

「ええええ!?」

 

泊まる場所は入院室でした。

(そりゃそうだっつーの)

久し振りの一人の時間を得た成幸は、ひっそりと教科書を取り出しました。

(めったにない一人の空間だしちょっとだけ…)

 

「ゴルァ後輩しっかり休めって言われたばっかだろーが!!」

「ひゃあっ!ごめんなさい先輩っ!!」

驚いて教科書を投げ出した成幸ですが、小美浪の姿を見て目を点にしました。

 

「せんぱっ… えええええナースさん!?」

コスプレのナース服を着て、おもちゃの注射器を持った小美浪が入口に立っていました。

「今度 店のイベントで着るコスだよコス」

「な なんで今着るんですか…!」

 

いつも通りに成幸をからかう小美浪は楽しげに笑っていました。

「ああああやっぱりまたやられたー!!」

むくれた成幸の肩を、小美浪はマッサージしてあげることにしました。

思ったよりもこっている肩に、思うところがあったのか小美浪が心配そうな顔をします。

 

「推薦蹴った話は聞いたけど… 少し 無理しすぎなんじゃねーか?」

心配そうな声音に、少し悩んだそぶりをみせる成幸でしたが、そのまま話し始めました。

「俺の選んだ進路… 必ずしもすぐ稼げるようになるとは限らないから…」

「母さんや妹たちの負担を減らす為にも 少しでもお金は貯めておきたくて…」

 

「なぁ後輩よ…」

「おまえ勝手に色んなもんしょい込みすぎ」

「もっとリラックスして生きろリラックスして」

突然くすぐり攻撃を始めた小美浪に、成幸は大爆笑します。

 

抵抗した勢いでベッドシーツに滑ってしまい、2人して床に滑り落ちてしまいました。

小美浪を押し倒す体制になってしまい、からかわれると焦った成幸ですが、一向に声が掛かりません。

うっすらと目を開けると、真っ赤になった小美浪が居ました。

どうやら珍しく照れているようです。

 

実はこっそり見ていた小美浪の父親が親指を立てているのに気づき、2人は急いで立ち上がりました。

「いつから見てたクソ親父―ッ!!!」

父と娘の戯れを続けますが、急患が来たために小美浪の父親は表情を変えました。

 

てきぱきと診察を終えた父親に、小美浪と成幸は尊敬の目を向けていました。

「素敵な親父さんじゃないですか」

「超がつくお人よしなだけだっての」

「でもま そういうアタシも 好きであんな親父の背中追おうってんだから 充分アホかもな」

 

小美浪は自分の夢と照らし合わせて、成幸も抱え込む必要はないと諭しました。

そこに聞き耳を立てていた小美浪の父親が乱入して来て、いつも通り小美浪が癇癪を起しました。

 

ぼくたちは勉強ができない 第99話の感想と考察

今回は小美浪先輩の回でしたね!

ヒロインひとりひとりと向き合う回はなんだか久し振りのような気がします。

推薦の件は、古橋あたりから聞いたのでしょうか……?

たまには成幸も、ゆっくり休んでほしいものですね。

 

小美浪先輩との話は、お約束っていう展開が詰まっていて夢がありますよね!

それにしても……娘の彼氏に対して友好的過ぎるお父さんですね……。

今まで浮いた話がなかったのでしょうが、それにしても積極的にくっつけようとしすぎな感じはします。

仕事をしているところは初めて見ましたが、本当に格好いいお父さんでしたね。