【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

ダイヤのA actⅡ 第157話ネタバレと感想『一発』

2月20日発売 週刊少年マガジン12号に連載中の「ダイヤのA actⅡ」

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

タイトルは「終止符」

前回は4回裏、四番御幸がホームランを打って同点にして勢いに乗った青道打線。

前園の出塁、東条のタイムリーツーベース、金丸の強襲内野安打、川上のゴロの間の点でこの回に3点取った…という話で終わりました。

果たしてこのまま青道ペースで行くのか、それとも由良総合の榊監督が策を弄するのか…目が離せません。

 

『週刊少年マガジン』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ポイントをもらって「週刊少年マガジン」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

ダイヤのA actⅡ 第157話ネタバレとあらすじ

6回表、続投した川上は由良総合を無失点に抑えて付け入る隙を与えない。

「ナイスピッチノリ キレッキレやないか!!」

「いいっスね川上先輩」

好投している川上に前園と金丸が声をかける。

 

「一旦ベンチに戻りましょうか」

「そうだな」

ブルペンで準備していた金田と奥村は川上の好投ぶりから一旦ベンチに下がる。

 

「降谷さん俺達も」

「あったまってきた…」

同じくブルペンで準備していた降谷はオーラを纏っており、投げる気満々だった。

でも由井に明後日先発ですからと諭される。

 

沢村はヘルメットと水が入った紙コップを川上に渡して由良総合のクリーンナップについて話す。

対する由良総合は投手を2年の大須に代えてきた。

マウンドに向かう大須はフォークがある速球派だが速球はエースより威力が下がるとの事。

 

「ここで叩けば向こうはもう打つ手なしやで」

「さああと4回」

「一気にいこーぜ」

そして青道からの声援を受けて川上がバッターボックスへと向かい、倉持も準備を始める。

 

(エース一人じゃねぇぞ チーム背負ってんのは)

彼らの様子を見ていて御幸の言葉を思い出した沢村は握り拳を作って強く握り締める。

(くそ… 今日を一からやり直したい―――‥)

と悔やんでいる沢村の姿を奥村は見ていた。

 

六回裏、川上が倒れてバッターボックスに入った倉持がヒットを打つ。

そして盗塁を成功させると続く小湊がセンター前ヒットを打って倉持がホームベースを踏む。

続く白州の打席ではエンドランを仕掛けて一・三塁にすると御幸は犠牲フライを打った。

 

6回裏が終わって点差が6点に広がりながらも由良総合ナインは楽しそうにしていた。

これに榊監督も気づいて、点差広がっているのに楽しそうだなと問いかける。

ナイン達は青道の攻撃や守備に無駄がないから素直にすげぇなと思っていた。

それと同時にこれが監督のやりたかった事かと悟り、プレーを見ていて勉強になると言う。

 

「遅いっスよね‥」

「今頃わかっても」

「今すぐ榊ノート読み直してぇ」

それと同時に今頃気づいても遅いと悔やむナイン達。

 

この様子を見た榊監督は遅くはねぇから今からでもやればいいじゃねぇかと言う。

「1プレーでも1球でも良いじゃねぇか これまでやってきたことを全部出してこい」

「こっからだぜ野球が面白くなるのはよぉ!!」

と鼓舞するとナイン達は大声で返事する。

 

そして7回裏、東条を塁に置いて打席に立った結城がツーランホームランを打った。

それによって10対2で青道が由良総合にコールド勝ちを決めたところで次回へ続くとなる。

 

ダイヤのA actⅡ 第157話感想と考察

最初はどうなるかと思いましたが結果的に地力を出してきた青道の圧勝になりましたね。

早めの継投策と川上の好リリーフが功を奏し、4番御幸の一振りで畳みかけた感じでしたね。

この3つが無ければ、青道が負ける可能性も十分あり得ましたね。

夏の大会で薬師が市大三高を破る等トーナメントでは何が起こるか分かりませんからね。

 

気になるのは、この試合に先発して気負い過ぎて自分の投球が出来なかった沢村ですね。

落合コーチが不安視していた事がまさに当たった形になりましたね。

エースではなかったとはいえ、1年の時から夏の大会で先発した降谷の時とは対照的だなと思いました。

 

今回の試合はエースとして初めて公式戦に臨む沢村への試練なんじゃないかなと感じた試合でしたね。

今回の課題は本人の中でも分かっていると思いますので事を糧にして次の出番で好投してほしいと思いました。

 

あとはここまで余りパッとした活躍が出来なかった結城がホームランを打ったのも良かったと思います。

これで1年の中では一歩リードした感じがありますね。

今回の活躍で勢いに乗ると思いますので、結城のこれからの活躍にも期待がかかりますね。

 

以上がダイヤのA actⅡ第157話のネタバレ・感想でした。