ドメスティックな彼女【220話】ネタバレと感想『ミサキの秘密』

2月20日発売マガジン12号の「ドメスティックな彼女」最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します。

夏生の家に押しかけてきたミサキの顔左目辺りには、火傷の様な傷がありました。

ミサキに何があったのでしょうか?

ドメスティックな彼女』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
☞ ポイントをもらって「ドメスティックな彼女」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

ドメスティックな彼女 前回219話のネタバレとあらすじ

ドメスティックな彼女 前回219話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

ドメスティックな彼女【220話】ネタバレとあらすじ

瑠依と別れた夏生は落ち込んでいる中、合コンで小椋ミサキに出会います。

終わった後も夏生に着いて家まで来てしまうミサキ。

ミサキに急に迫られ、突き飛ばした拍子に見えた左目辺りには、火傷の様な大きな傷跡があったのでした。

 

左目の傷を見て呆然とする夏生。

ミサキは髪で隠しながら

「気持ち悪い?」

と言います。

返事に戸惑う夏生に、ミサキは寂しそうに笑いかけました。

 

そして、

「いいんだよ、そんなに気遣わなくても」

「どこでもそういう、腫れ物に触るような反応されてきたから慣れてる」

とミサキは言いながら服を着ていました。

 

「生まれつき?」

と聞く夏生に

「そうだなぁ」

「生まれつきだったらもっと割り切れてたかも」

「こんなでも3年前まで商売道具だったからさ」

とミサキは言います。

 

(ミサキの回想に入ります)

 

小学生辺りのミサキが友達に

「今朝のチラシに乗っていたね」

「ほらここの子供服んとこ、全部みーちゃんだよ!」

と言われミサキは嬉しそうにしていました。

 

(ミサキは成長していきながらモデルを続けているシーンがあります)

 

「今日のポージングも良かったよ」

とマネージャーさんに言われ嬉しがるミサキ。

「親説得してくれたマネージャには感謝してます!」

「夢のためにも早く上京したかったしね」

とミサキは言います。

 

マネージャーさんに

「夢?」

と聞かれると

「そりゃもちろん全国誌の表紙飾るようなモデルになる事だよ」

とミサキは拳を握りしめて言いました。

 

その後ミサキは仕事の打ち上げで、モデル仲間との集まりで色々世間話をしています。

話の流れから、ミサキが雑誌の表紙に出ることが分かります。

みんなは驚くも

「うちの中じゃ出世1号じゃない?」

「おめでとー」

と祝福していました。

 

その後、表紙の撮影前日になります。

マネージャーに

「今日は早く寝てお肌の調子整えといてよ?」

と言われミサキも

「もちろん」

「寝る前に高い美容液じゃぶじゃぶ使っちゃう」

と美容液を塗っていました。

 

急に

「あれ? なんか熱い」

「痛っ、痛たた」

と顔を押さえるミサキ。

顔には現在のような傷が現れていました。

 

化粧水に劇物が入れられていたことが分かるも、身内の犯行の可能性が高いと分かったため警察には事務所が届けなかったそうです。

傷のため仕事が無くなり、多額の見舞金を渡されて事務所を去るミサキ。

そして、色々な仕事を転々としながら今に至ります。

 

それを聞き、夏生はミサキの疲れた目をしていた理由を理解しました。

辛そうな夏生を見て慰めたかったと言うミサキ。

「もしよければ」

「行くとこ決まるまで 少し置いてくれないかな」

と夏生に言います。

 

その後ヒナ姉が

「フード宅配サービスです」

と色々持って訪ねてきます。

そして、ミサキが吸ったたばこを見つけると

「ナツオくんたばこ始めたの?」

と驚いていました。

 

それを吸ったのは知り合いで、一時的に泊めている事を言うとヒナ姉は納得しました。

「もっと食料要るかな?」

と真剣に心配もしています。

 

学校の演劇部の作業中に、夏生はフミヤと電話しています。

ミサキが家に来たことを言うと羨ましがるフミヤ。

合コンの結果を聞くと

「もー、なんだよ お前ばっかいい思いして―!」

とフミヤの合コンが失敗したような発言も見られました。

 

その後夏生が家に帰ると、ミサキが晩御飯を作っていました。

モデルをやめた後に覚えたと言う料理は意外においしいも、ミサキにからかわれて怒りながら食べています。

 

後片付けもやると言うミサキでしたが、夏生が

「作って貰って何もしないのはなんか、スッキリしねーし」

と言うとミサキはちょっと赤い顔をして

「じゃあ あたし拭く」

と一緒に片づけていました。

 

その後たばこを吸う場所について注意すると、再びミサキにからかわれ夏生は怒っています。

 

次の日、夏生はミサキに色々注意をして出かけて行きます。

ミサキも夏生を見送った後に

「さて」

と出かけて行きました。

 

その後葉月がバイトに遅れそうになり急いでいると、ミサキを見かけます。

それは、ミサキが男性からお金を受け取り数えているシーンでした。

 

ドメスティックな彼女【220話】感想と考察

今回はミサキの過去について語られた回でした。

ミサキの顔の傷の理由は分かりましたが、化粧品に劇物というのはとても想像できなくて驚きました。

傷は今の医学ならかなり治せそうにも思い、もしかしたらその話も出る可能性はあります。

 

ミサキは所々思いやりやユーモアもあり、楽しい人に見えました。

夏生との交流も、ほのぼのとして良かったです。

夏生との関係が今後どうなるのかはわかりませんが、意外と二人の性格は会っているようにも思います。

 

そんなミサキが男から札束を貰っているシーンは、特に後ろめたいものではないと思いたいです。

ただモデルをやめた後の地獄と思われる生活の中で、何かしら魔が差した可能性は有ります。

 

次回221話はミサキの現在の状況が分かると思います。

夏生との関係がどうなるのか?

夏生やミサキは立ち直って行けるのか?

非常に楽しみです。

ドメスティックな彼女』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
☞ ポイントをもらって「ドメスティックな彼女」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません