はじめの一歩【1253話】ネタバレと感想『間柴の決意』

2月20日発売 週刊少年マガジン12号のはじめの一歩

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します。

 

間柴と伊賀の戦いが今夜行われます。

どの様な戦いが繰り広げられるのでしょうか?

はじめの一歩 前回1252話のネタバレとあらすじ

はじめの一歩 前回1252話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

はじめの一歩【1253話】ネタバレとあらすじ

引退した一歩は弟子の泰平達に、ボクシングの試合を見せに行きました。

そこで、青木が目標としている伊賀と間柴の試合が行われようとしています。

間柴が伊賀を指名する理由が分からない木村に、青木は説明を始めます。

 

青木は間柴の戦歴に傷があるため、伊賀を指名したと言います。

戦歴の傷を「一歩との敗戦」、と予想する木村に青木は

「お前と沢村だ」

と強く言いました。

 

理由はフェザー級の一歩の時の負けは減量苦でも説明がつきます。

しかし、青木と沢村は階級を上げて肉付けした状態でダウンをさせられています。

その為打たれ弱いと思われるのが、間柴のコンプレックスだとの事です。

ライト級の日本人最強となり、世界へ行くための証明として伊賀を選んだとの事です。

 

別の所で見ている一歩は伊賀の実力を認め

「すんなりいく試合じゃない」

と予想します。

泰平達は東洋チャンピオンである、間柴が負けるのが考えられないようでした。

 

一歩は伊賀の試合を見て、強さにぞっとしたことを泰平達に伝えます。

更に、そこからさらに進化している可能性も示唆します。

そして、セコンドの栗田トレーナーが挑発なのか事実なのかわからない

「間柴には3つの弱点がある」

「そして伊賀は確実にその攻略法を実行出来る」

と言う発言をしていたのを一歩は懸念しました。

 

別の場所の木村と青木も栗田の発言を気にしており、はったりと言う木村に対し青木は何かあるのか気にしておりました。

 

そして伊賀・間柴が入場する中、一歩・木村・青木は「3つの弱点」について気にして見つめています。

「はったりかどうかはゴングが鳴ればわかる事だ」

と木村は真剣に言います。

 

リングで向かい合う伊賀と間柴。

アナウンスにて

「その可能性は未知数! 超新星にして現日本王者! 伊賀忍」

「世界をうかがう現東洋太平洋王者! 間柴了」

と流れました。

 

その後

「まーしーば」

間柴の運送会社の社長が作った、「地獄会」と言う間柴の後援会の声援が響きます。

一歩はそれを見て

(あの人たちの前で証明したいんだろうな)

と思いました。

 

金田は

「あの中に姐さんはいないんですか?」

とクミさんがいない事を気にすると、一歩が仕事と伝え

「クミさんの分も応援しよう」

と一歩は言いました。

 

その中ゴングが鳴り、伊賀と間柴が向かい合います。

間柴は左腕の肘を90度曲げ、フリッカージャブを構えました。

そして、腕を振り子のように揺らし始めています。

 

はじめの一歩【1253話】感想と考察

ライト級の伊賀と間柴の対戦がまさに始まろうとしている回でした。

青木の説明はいまいちピンと来なくて、間柴がまだ新人である伊賀を指名したことはあまり納得できませんでした。

ただし、伊賀の実力はかなりの物なので「世界へ行くための資格」として伊賀を選んだのは有りなのかな?

と思います。

 

その際、セコンドの栗田が言っている間柴の弱点が非常に気になりますが、それと関係なく二人の対戦は楽しみです。

間柴が負けるところは想像できませんが、伊賀も非常に強いです。

二人がどの様な戦法で戦っていくかも気になります。

 

勝敗は始まらないとわかりませんが、伊賀か勝つと青木と伊賀の戦いが遠くなってしまうと思うので、接戦ながら間柴が勝つと予想します。

 

次回の1254話は、間柴のフリッカーを伊賀がどの様に対処するかから始まると思われます。

フリッカーは間柴の一番の得意技のため、伊賀が対処出来るかで序盤のペースが決まると思われます。

間柴の弱点が本当にあるのかも含めて、とても楽しみです。

『進撃の巨人』が28巻まで順次無料公開
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
キャンペーンページはコチラ9/18までの期間限定