【お知らせ】サイト名を「漫画ウィズ」から「漫画ヴィータ」へ変更しました(3/13)

ゴールデンカムイ 第190話ネタバレと感想『反撃のキロランケ!けれども…』

2019年2月21日発売 週刊ヤングジャンプ12号に掲載中の「ゴールデンカムイ」

最新話のあらすじと感想をネタバレありで紹介します!

 

タイトルは「明日のために」

前回は、鯉登がキロランケの首の辺りを刺したところで終わっていました。

さて、今号はどうなるでしょうか!?

『週刊ヤングジャンプ』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ポイントをもらって「週刊ヤングジャンプ」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

ゴールデンカムイ 前回第189話のネタバレとあらすじ

ゴールデンカムイ 前回第189話のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

ゴールデンカムイ 第190話のネタバレとあらすじ

鯉登が首に深く刺したと思われた小刀ですが、キロランケの手がガードしており深々とは刺さっていませんでした。

ですが、小刀は手を貫通しておりその先はズプリと首へ。

キロランケが手を動かして、首から小刀が抜かれると血はドクッと流れ出ます。

 

決死の形相のキロランケは鯉登に馬乗りになると、鯉登の腕を刺さった小刀ごと体重をかけて押していきました。

「おおおおおお!おうぐううう!」

そして、腕に刺さったまま小刀の先端は 鯉登の胸へと入っていきます。

鯉登、危うし!!と思われたそのとき。

ドッダァァァン!!

追いついた谷垣たちの放った銃がキロランケに当たり、キロランケは仰向けに倒れます。

 

「手出し無用。私が仕留める」

そういいながら、先ほど銃に刺さって使えなかった自分の長刀を抜こうとする鯉登。

倒れているキロランケに銃を向け見張っていた谷垣ですが…

シュッ

キロランケが隠し持っていた爆弾の信管を抜いて、後ろを向いていた鯉登たちの方へ放ちました!!

あっ!と谷垣が気づきますが、間に合いません。

爆弾は空を飛んで鯉登らの方へ向かっていきます。

 

再び危ういと思われた鯉登たちでしたが、気づいた鯉登が刀で爆弾を切り捨て、爆発を防ぎます。

危機を逃れた谷垣がキロランケに銃を構えたところへアシリパたちがやってきます。

「待って!!」

「聞かなきゃいけないことがある!!撃つな!!」

杉元、白石たちも一緒です。

 

あれだけ致命傷を与えても反撃してくるキロランケですから、さっさとトドメを刺そうとする月島たち。

ですがアシリパは、殺したらわからなくなる!!と聞きません。

「逃げるぞ…アシリパ」

息も絶え絶えにキロランケはアシリパへ話しかけます。

「ソフィアとウイルクの話を…!!」

「きっとお前の中にカギがある…」

 

アシリパはキロランケの傍に寄り、その傷を見ています。

かなりの出血量にもう長くはないだろうと悟るアシリパ。

それから白石もその様子を見て呟くのでした。

「…キロちゃん」

 

アシリパはキロランケの耳元でこっそりと話します。

「さっき全部思い出した。やっぱりアチャが教えてくれたことだった」

「……!?」

その言葉にキロランケは驚いた表情を見せました。

「ありがとう、思い出させてくれて…」

アシリパがそう言うとキロランケは長い息を吐き出して、そうかと呟きます。

 

(良かった……)

(この旅は無駄ではなかった)

(ここまでアシリパを連れてきたのは、無駄じゃなかった)

走馬灯のように、これまでのことを思い出すキロランケ。

 

「あとは頼んだぞ、アシリパ…!!」

「『俺たち』のために…ソフィアと…」

キロランケがソフィアの名を口にすると、キロランケの中に昔の情景が蘇ってきました。

それは若かりしころのソフィアで、ウイルクの方を見ながら頬を染めている姿です。

その横顔を黙って遠くから見つめる若いころのキロランケがいました。

「ソフィア…!!」

キロランケは苦しい息の元でソフィアの名を呼ぶのでした。

 

キロランケに礼を伝えたアシリパですが、もうひとつ確認しなければならないことがありました。

「キロランケニシパが、アチャを殺したというのは本当か?」

そう聞くアシリパでしたが、キロランケは答えません。

目を開けたまま亡くなっているようです。

「キロランケニシパ…キロランケニシパ…」

と、アシリパが声をかけるシーンで、次号へつづく!となります。

 

ゴールデンカムイ 第190話の感想と考察

先週、簡単にはやられないだろうと思っていたキロランケですが、やはり突き刺した小刀の間に手が入っていて即死は免れたようです。

しかし、あれだけ刺されてまだ反撃できる体力があるとは驚きですね。

 

けれども、流石に今回、死んでしまいました…

「…キロちゃん」

と呟く白石が切ないです。

 

次号も楽しみですね!