銀魂 第701訓ネタバレと感想『戦いの結末はどうなる?本当に完結か?』

2月22日に発売 ジャンプGIGAの2019WINTERvol.3に掲載の「銀魂」最新話

高杉を護り、下に落ちていく銀時。

神楽の手からこぼれ落ちてしまった定春。

駆け付けた仲間たちが敵を足止めする中、激しさを増していく戦い。

そして、本当に銀魂は今回最終回なのか?

続きは、ネタバレです。ご注意ください。

銀魂』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
☞ ポイントをもらって「銀魂」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

銀魂 前回第700訓のネタバレとあらすじ

銀魂 前回第700訓のネタバレとあらすじはコチラ!!

 

銀魂 第701訓:帰巣 ネタバレとあらすじ

手からこぼれ落ちた定春を追いかけるように飛び出し、落ちていく神楽。

新八もその後に続きます。

万事屋3人が落ちていく中、玉にひびが入り、ひびはどんどん増えていきます。

そして、玉は強い光を放ち、ついに定春が復活するのでした。

定春は銀時の頭に噛みつきます。

 

一方、高杉は傍にあった銀時の木刀を掴みます。

 

無事に着地した定春、神楽、新八。

銀時はだいぶ定春に飲み込まれています。

見守っているとおじさん2人がお尻から出てきます。

銀時は、定春に吐き出されました。

 

高杉は、立ち上がりどこかへ歩いていきます。

歩いた後には、血の跡が。まだ、治りきっていないのでしょうか。

 

「ここにいるって事はまたそのハンパもんに逆戻りってワケか」

「…いえここに僕らのやりたい事があるからです」

「…銀ちゃん。私達は何もやる事がなくて何でも屋をやってたんじゃない。

何だってよかった。銀ちゃんとみんなと万事屋にいられるなら」

「だから僕達(私達)万事屋なんだって」

そんな神楽と新八の思いに

「俺のいねェ間に勝手にデカくなりやがって。…腰が痛ェ。手ェ貸してくれっか」

と銀時は手を伸ばします。

2人の力を借り、立ち上がった銀時は、何と背が縮んでいました。

どうやら、先に出てきたおじさん2人が、それぞれ銀さんセピアと銀さんシビア。

3人合わせて銀三らしいです。

セピアとシビアが戻るのを渋る中、敵が迫ってきました。

もう一度定春の中で再合成させるために、新八が持ってきた着物を投げると、お馴染みの万事屋衣装の銀時が出てきました。

 

その一方で、桂や真選組も、総理大臣などではなく、再び以前のように戻ったことを再確認するのでした。

 

万事屋の3人と1匹は、高杉のもとへ急ぎます。

その時、横から車が突っ込んできました。

中には、ハタ皇子を乗せた英雄マダオが。

マダオも、英雄は肩書きだけだと気づき、英雄を返上することを決めたのでした。

 

万事屋を乗せ、飛び出した車を見つめる仲間たち。

バカバカしく懐かしい眺め、それは新時代の景色よりも見たいものかもしれない、と思うのでした。

 

銀時の木刀を支えに歩く高杉。

万事屋の騒ぎは聞こえたのでしょうか。笑みを浮かべます。

と、お妙に見つかり「あなた…」と言われると、銀時の木刀を投げます。

その木刀は、壁に突き刺さりました。

そして、お妙が気付いた時には、もう高杉の姿は消えていました。

 

アルタナを吸い上げ続けるターミナルは、ついに負荷が限界に。

このままではターミナルごと江戸は吹き飛んでしまいます。

虚が復活するために、力の一部となろうとする敵。

桂が持つ虚の心臓を狙う敵。

虚の心臓を狙った敵が投げた刀は、虚の心臓に突き刺さります。

そのまま、ターミナルへ刺さり、心臓は消滅してしまいました。

その一方で、虚の復活のために力になろうとした敵は、復活した虚に殺されてしまいます。

虚の望みは、自身を消し去ることです。

 

歩き出した虚のもとについにたどり着いた高杉。

先生を救うために必死にたどり着いたのに、虚の望みに納得がいかない様子。

先生と呼び、俺達と一緒に松下村塾に帰ろうぜと告げるのでした。

 

銀魂』が無料ですぐに読めます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
☞ ポイントをもらって「銀魂」を実質無料で読む
無料期間中の解約で料金は一切かかりません

銀魂 第701訓:帰巣 感想と考察

定春が無事に復活してくれてよかったです。

たぶん3人が再び万事屋として戻ってくれるのを、ずっと待っていたのでしょうか。

やっぱり定春に噛まれちゃう銀さんや、ギャグを挟んでくるあたりが、ようやく万事屋が帰ってきたんだなと懐かしく感じました。

 

ほとんどのキャラが、再びもとに戻ったことを、仲間と喜んだり懐かしんだりする中、高杉だけがずっと1人なのが切ないです。

高杉が、銀時を万事屋に、かぶき町の仲間たちのもとに返そうと思っているのは、ずっと変わっていないのでしょうか。

きっと、銀時はそこに高杉も叶うことなら加えたいと願っていそうで。

だから、万事屋の仲間とともに高杉のもとに急いでいるのに、その高杉は諦めていそうなのが悲しいなと感じます。

 

高杉は、ずっと先生と呼んでいますが、きっと虚の部分がほとんどだと思います。

ただ話をするだけでは済まなそうな雰囲気な気がします。

ですので、銀時たちには何かが起きる前に間に合ってほしいです。

 

そして、銀魂はやはり今回では完結しませんでした。

ずっと終わらないでほしいと願いつつ、最後まで見届けたいと思います。